久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■矯正症例3:T.M様(女性:抜歯)
八重歯と叢生
■矯正症例4:Y.M様(女性:抜歯)
八重歯
■矯正症例5:Y.A様(女性:抜歯)
上下顎前突
■矯正症例6:K.M様(男性:抜歯)
下顎の叢生
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 矯正歯科治療

矯正歯科治療の最近のブログ記事

愛知県常滑市の矯正歯科専門 久野歯科医院の院長です。
 
皆様のお役に立つ歯科治療に関する内容を歯科医が分かりやすく解説いたします。
歯科医院へと治療へ行った際、「治療前にそこまでちゃんと検査する必要ってあるの?」と思われる患者様も多いかもしれませんが、実は歯科治療前の検査は非常に大切で十分に行う必要があります。

 
kuno dental photo_1203.jpg

何故しっかりと、そして適切に検査を行う必要があるのかの理由について、詳しくお伝えします。こちらの記事を読み「実際の歯科治療/矯正治療だけでなく、その前の検査も大切なのだな…」と感じていただければ幸いです。

■記事の再執筆日:2021年12月3日(金)12:00

 

歯科治療の前の検査は何故行う?

2262578_s.jpg
 
久野歯科医院では初診で患者様がご来院されると通常、まず歯で患者様の困っていること(主訴)をお伺いし、レントゲン検査など必要な検査の後、応急的な処置をいたします。ある程度痛みや腫れなどがなくなったら、改めてしっかりとお口全体の検査を再度行います。

これは矯正歯科治療を行う際も同様です。まず矯正治療前に虫歯や歯周病等を治しておく必要があります。
 
しっかりと検査を行い、現在の患者様のお口の中の情報を得て、お口の中の状態を知ることは”確かな診断とお口全体のバランスを考えた歯科治療に重要"です。また患者様の気づかない疾患の早期発見、全体的な医療費の抑制にも繋がります。

 
 

歯科医院における主な検査の種類と目的

 
レントゲン撮影による口腔内検査
1266085_s.jpg
 
歯と歯の間の細かなむし歯や歯周病、歯を支えている骨(歯槽骨)の状態そして、かみ合わせの状態、親知らずの位置、方向などをチェックします。
特に矯正歯科治療をこれから行う際は現在の骨の状態やかみ合わせについて、充分に把握しておくことが大切となります。


 
 
歯茎の検査(歯周病の基本的検査)
歯周組織の健康度や炎症の程度などを把握することができます。目盛りの付いた専用の道具(プローブ)にて、歯周ポケットの深さを1歯ごとに計ります。
主に以下の検査により、詳しく歯や歯茎等の状態を知ることができます。
 
・歯周ポケットの深さを検査
 
・動揺度(歯の揺れ)についての検査
 
・歯ぐきからの出血に関する検査
 
・歯垢の付着面をチェック(口腔清掃状態)


 
口腔内模型の採得、製作
型取りを行った後、模型を作り、かみ合わせと歯ならびの状態を詳しくチェックします。
歯の裏側やお口の中の見えない部分/状態を観察することができるので、非常に有効です。

 
口腔内写真の撮影
歯を噛んだ状態にて正面・左右側面を撮影。お口を開けた状態で、上顎と下顎の5枚の口腔内写真を撮影します。
それに加え、正貌・側貌・斜位の写真を追加する場合もあります。

 
歯科治療/矯正歯科治療開始の状態を記録しておくことで、その後の歯科治療効果の評価を行うことができます。患者様ご本人へご自身のお口の中の状態をお見せし、ブラッシングなどのセルフケアのモチベーションにも使用します。
 
模型と組み合わせ、診療時間以外に今後の歯科治療の処置方針を立てる助けにもなります。

 
歯科治療前の検査はとても大切な工程
痛みの無い健診.jpg
 
実は口腔内検査を行ってみないと、見つけることのできない歯周病やむし歯の部位があります。歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどありません。また、隣り合っている歯と歯のむし歯を自分で見ていても分かりません。
 
しかし、それらについて患者様が分かる頃にはむし歯が重症化している場合が多くあります。詰め物や被せ物と、歯との境目にむし歯が発生した場合、詰め物が取れてからの治療ではむし歯がすでに重症化しているケースもあります。

 
歯の根にヒビが入っていたり、割れてしまった場合、腫れてからでは歯を抜く可能性が高くなります。神経(歯髄)を取り、歯科治療を行った歯は根の先に異常があっても自覚することができません。
 
そのため、前もって適切な検査を充分に行うことで確実な歯科治療を受けることができます。
 
今回の記事との関連記事:歯科定期健診https://www.kuno-dental-ortho.com/checkup/index.html

 

常滑で矯正歯科治療・歯科治療なら、ご相談下さい 

久野歯科医院では、むし歯や歯周病治療から本格的な矯正治療まで対応しています。常滑はもちろん、遠方地域からもお陰様で多くの患者様にお越しいただいております。その要因の一つとして当院では歯科治療前の適切な検査をしっかりと行っていることが挙がると考えます。

kuno dental photo_1203-2.jpg


今回の記事でご紹介をしたように、適切な口腔内検査ができていなければ、その後の歯科治療も適切に行うことができないのです。
現状の歯や歯茎・骨の状態を把握した上で、それぞれの患者様のお口にあった矯正歯科治療を行うからこそ、高い治療効果が期待できます。

ご自身の歯を美しくそして快適に治療されたい方はお気軽にご相談いただければと思います。
 

【本記事の執筆者】 常滑の矯正歯科専門 久野歯科医院 院長 久野昌士
 
kuno dental doctor profile.jpg

≪院長の略歴≫
昭和57年:東京歯科大学を卒業する。
昭和57年~61年:東京歯科大学補綴第二講座に在籍
昭和62年~平成1年:愛知学院歯学部口腔外科第二講座研究生
 
・名古屋YDCAスタディグループ
コンプリートデンチャー研究会に在籍をしながら、
名古屋顎矯正研究会に参加し、現在に至る。

 
常滑の矯正歯科 久野歯科医院のトップページはコチラから

歯ならびでお悩みの方へ向けた矯正歯科治療に関する内容の他、症例紹介等をお届けしています。
 
 
常滑にて長年 矯正治療を専門に行っております久野歯科医院 院長です。
本日もホームページ掲載の了解を得られました「患者様の治療経過について」ご紹介したいと思います。
 
治療を進める際、どのように治療が進んでいくのか?に関し、症例写真も提示して詳しく解説していきます。

■記事の再執筆日:2021年9月16日(木)13:30

 

知多市在住のK.M様(19歳女性)矯正歯科 抜歯症例:4

 
DSCN0620.JPG 
↑こちらは治療中の症例写真です。

 
 
矯正治療の経過について
上顎の断面に関しまして、今までは「4角0.16×0.16インチのニッケルチタンのレクタンワイヤー」を使用していました。
そして今回の治療から「0.16×0.16インチのステンレス・スチールのレクタンワイヤー」へとステップアップをしました。

 
上顎両側の中切歯と犬歯の間にオープンコイルという、バネ状の矯正装置を縮めて装着します。縮めたオープンコイルが元に戻る力を利用して、両側の側切歯のスペースを作っていきます。
下顎については引き続き、0.16×0.16インチのニッケルチタンワイヤーでレベリングを続けてまいります。

 
今後も定期的に患者様の口腔内の状況を確認し、その段階にマッチする矯正装置の使用及び矯正治療を進めていきます。矯正歯科治療前の写真と治療中の写真とを比べることで、どう変化/改善をしていっているか?が明確に分かります。

目に見える変化を感じることで、長期的な治療となる矯正歯科治療に関するモチベーションを保ち、最終的な望む歯並びを得ることができます。

 
 

常滑で矯正歯科治療を検討するなら、是非ご相談下さいませ 

長期的に治療を行ってこそ、適切な結果を得ることができるのが矯正治療です。中には様々な要因で、途中で治療をストップしてしまう患者様もいらっしゃいます。しかし、せっかく時間とお金をかけて行った治療成果を得ることができないのは決して良いことではありません。
 

kuno dental clinic interior20210916.jpg


当院では無理なく、長期的・最後まで患者様が矯正治療を行っていけるためのサポートやアドバイスも行っております。「あの時、やめずに治療を続けて良かった!」といったお喜びの声を多数いただいております。これからも患者様としっかりと話し合いを行いながら、良い矯正歯科治療を行っていきたいと考えます。

矯正歯科治療に関するご相談、いつでも歓迎しています。お気軽にご連絡ください。

 

【本記事の執筆者について】
常滑の矯正歯科専門 久野歯科医院 院長 久野昌士
 
kuno dental doctor profile.jpg

≪院長の略歴≫
昭和57年:東京歯科大学を卒業する。
昭和57年~61年:東京歯科大学補綴第二講座に在籍
昭和62年~平成1年:愛知学院歯学部口腔外科第二講座研究生
 
・名古屋YDCAスタディグループ
コンプリートデンチャー研究会に在籍をしながら、
名古屋顎矯正研究会に参加し、現在に至る。
 
常滑の矯正歯科 久野歯科TOPページ
常滑で”患者様本位の矯正歯科治療”を専門に行っている、久野歯科医院 院長です。
歯並びやお口のことでお困りの方へ向けた記事を執筆しています。

dental image 20210913-2.jpg
 
今回は「歯ならびでお悩みの方」へ向けて、当院で行っている矯正歯科治療の実際の症例をご紹介します。
具体的な症例をご覧いただくことで、実際にご自身が矯正治療を受けられる際、どういった手順と進捗で行われていくかがイメージしやすくなると思います。

今後のご自身の治療を進めていく上での参考にしていただければ幸いです!
 
■記事の更新日:2021年9月13日(月)20:00

 

矯正歯科治療/後戻りの治療例 常滑のA.K様その1

 
ご来院時の患者様からの主な概要とこれまでの治療について
 
荒木ゆ.JPG
 

こちらの患者様は中高生時に矯正歯科治療を他地域にて受けられ、動的治療が完了後も長期間の保定に努めていました。
しかし保定装置が破損してしまい、その後の保定装置の装着が不可能となってしまい、現在の状態へと至っております。
 
そのため、上顎の真ん中の歯(中切歯)の間に隙間が生じてしまい、今回はその生じた隙間を閉じることをご希望され、当院メール相談からご来院をされました。

 
当院での初診時には、まず現在のお口の中の状態を拝見し、専門の矯正歯科医として感じた印象や感想をお話いたしました。
模型採取・口腔内の写真撮影等の資料採取を行い、現在の口腔内の状態と今後行う予定の矯正治療方法・治療費用の概算について詳しくお伝えをしました。
 
【矯正歯科治療前の考察】
・中切歯間に隙間が生じている状態です。
上下的に中切歯の移動もあります。
 
 
主な矯正治療 処置方針
犬歯から犬歯までの前歯群へまずブラケットを接着、部分的にワイヤーを使用して隙間の閉鎖を試みます。
 
その治療の効果がもし不十分であれば大臼歯までブラケット・チューブを追加の上、装着し、側切歯から側切歯の前歯群を上方・後方へ移動することも検討しておく必要があります。

当院では矯正治療を進める際、これまでの経験によりどういった治療を行うべきか?を検討の上で「もしその効果が思ったように出ない場合は、次に〇〇の治療を行う」といった形で、前もって分岐となる治療計画も練ります。そうすることで、その場その場で対応するのではなく、大体の予想を元により適切で全体的な計画を立てることができます。

 
 

過去の矯正治療に関する、後戻りの治療を行うなら常滑の久野歯科医院へ 

treatment image 20210913.jpg

久野歯科医院では、過去に他院で行った矯正歯科治療への後戻りの治療にも対応しています。
また「引越しに伴い、矯正治療が中途半端な状態になっている…」といった方に向け、今後の治療に関するご相談にも応じております。

矯正治療で不明なことがありましたら、お気軽にご相談ください。それぞれの患者様にとって最適な治療計画を立案いたします。
 

【本記事の執筆者について】
 常滑の矯正歯科専門 久野歯科医院 院長 久野昌士
 
kuno dental doctor profile.jpg

≪院長の略歴≫
昭和57年:東京歯科大学を卒業する。
昭和57年~61年:東京歯科大学補綴第二講座に在籍
昭和62年~平成1年:愛知学院歯学部口腔外科第二講座研究生
 
・名古屋YDCAスタディグループ
コンプリートデンチャー研究会に在籍をしながら、
名古屋顎矯正研究会に参加し、現在に至る。

 
常滑の矯正歯科 久野歯科医院のTOPはコチラ
愛知県常滑市で100年以上、矯正歯科治療を専門で行っている久野歯科医院の院長です。
 
本日はご了解をいただきました「常滑市金山在住の患者様の矯正歯科治療例」を実際の症例写真と共にご紹介いたします。
治療を受けられる患者様のお声と今後の処置方針・具体的な治療期間・治療費用などをお知らせしたいと思います。
 
「どのように矯正治療が進んでいくのか?」の治療経過写真を提示しながら、詳しくご説明してまいります。

■記事の更新日:2021年9月9日(水)18:00

 

常滑市金山在住 30才の男性k.m様 矯正歯科治療例1:上下顎前突・叢生 抜歯症例

kuwayama術前.jpg
 
こちらは患者様の現在の口腔内の状態で、正面から写真撮影を行ったところです。

 
患者様のお話と矯正歯科治療の処置方針について
患者様から詳しくお話を伺いますと「全体的に顎が前に出ていて、口が閉じにくい。また下の前歯のガタガタが気になっている」とのことです。
これを踏まえ「将来的に歯周病にかかりやすいことも気がかり」とのお話で、今回の矯正歯科治療をご希望されました。

 
まず最初に現在のお口の状態をチェックするために、むし歯と歯周病の基本検査を行いました。
その結果、目立ったむし歯等はありませんでしたが、下顎の前歯にやや歯肉の腫脹があるのと叢生があり、こちらが要因であると判断をしました。
 
患者様にお口を閉じていただくと、口元に緊張もみられました。直ちに口腔内写真の撮影、顔貌(正貌・側貌)の写真撮影、レントゲン写真撮影、研究用模型の採得等、資料採取を行い診断をしました。

 
臼歯関係は左右ともClass1。上下顎に軽い叢生のある上下顎前突で、上下の第Ⅰ小臼歯4歯を抜歯します。そして叢生の改善と前歯の後方移動による上下顎前突の治療を計画し、矯正歯科治療を開始しました。
 
 
今回は標準的な矯正治療装置のクリアブラケット・シルバースロットにて、治療を行っていく予定です。
 
元伸術前全景.png
こちらはクリアブラケットによる矯正治療を開始する前の症例写真です。

 
 

顎の状態や歯並びが気になりましたら、常滑の矯正専門 久野歯科医院へ一度ご相談下さい 

今回ご紹介をしたような顎や歯並び、口腔内の状態等が気になりましたら、一度専門の歯科医院での治療を検討されるのをお勧めします。

知り合いやインターネット、書籍で矯正治療について調べてみたものの、自分に適した治療はどういった内容か分からない…」といったお話で、当院をご来院される患者様は多いです。

当院は常滑を中心に100年以上の治療実績があります。その豊富な歯科治療、矯正歯科治療に関する知識経験を元に各患者様の症例やお悩みに合わせたオーダーメイドの矯正歯科治療が可能です。お一人で悩まず、是非専門のドクターへとご相談ください。
 

Examination of orthodontic treatment202109.jpg

自分の口元に自信があると、人前で堂々と話すことができたり、活き活きとした笑顔を取り戻すことができます。しかし、逆に気になる症状を長く放置したことで、食事がストレスとなってしまう…など、お口や歯並びで悩まれている方は多くいらっしゃいます。

久野歯科医院ではそういったお一人ひとりの患者様に寄り添った治療を行っております。矯正歯科治療について、何でもお気軽にご相談ください!

 

【本記事の執筆者】
常滑の矯正歯科専門 久野歯科医院 院長 久野昌士
 
kuno dental doctor profile.jpg

≪院長の主な略歴≫
昭和57年:東京歯科大学を卒業する。
昭和57年~61年:東京歯科大学補綴第二講座に在籍
昭和62年~平成1年:愛知学院歯学部口腔外科第二講座研究生
 
・名古屋YDCAスタディグループ
コンプリートデンチャー研究会に在籍をしながら、
名古屋顎矯正研究会に参加し、現在に至る。

 
常滑の矯正歯科 久野歯科医院のトップページはコチラ

常滑市で質の高い矯正歯科治療を行っております久野歯科医院 院長です。
これから矯正治療を考えている方や矯正治療中の方に役立つ歯科情報をお届けします。

今回は先日参加した「名古屋顎矯正研究会」へ出席した際の様子や学びについて、掲載いたします。私は専門の矯正歯科医として、より治療効果が高く、患者さんのお身体に負担の少ない治療知識と技術面を向上させるべく、定期的に勉強会や研究会等へ参加をしております。

■記事の再執筆日:2021年10月13日(水)12:00

dental image 2021 kuno.jpg
 

「名古屋顎矯正研究会」とはどういったものか?

名古屋顎矯正研究会は、今より30年ほど前から本格矯正について学びたい愛知県近辺の歯科医を対象に発足されました。

本会に参加している歯科医師の中には、臨床経験豊富な一般開業医、補綴(入れ歯、被せ物)の認定医、接着・審美技法の認定医、小児歯科の認定医、指導医などがおり、矯正歯科の歯科医のドクター以外も様々参加されています。
 

今回の研究会の講師は、東京歯科大学を卒業後 矯正科の大学院研究科を経て、現在も東京歯科大学の非常勤講師をされています。認定医・指導医で、ご自身も東京歯科大学千葉校舎の近くにオフィスを構えていらっしゃるK先生をお招きしました。

セミナールーム.jpg


 

名古屋顎矯正研究会の主な活動内容

当初は頭部X線規格写真のトレース、セファロ分析による診断等が行われました。

「タイポドントという不正咬合の再現されたワックス」でできた歯ぐきに対し、金属製ブラケットの付いた歯が植立してある模型が付けられた「咬合器」へワイヤーを屈曲した実習がメインでした。

そちらに加え、K先生が実際に矯正治療をされている患者様を題材に講義が行われました。
 

その後、次第に自分達のクリニックの症例を元に、お互い話し合うようになり、K先生のコメントをいただきながら、現在の研究会のスタイルが出来上がりました。持ち回りで会員のケースプレゼンテーションが始まり、それに対する会員からの質問・K先生からの講評があります。
さらにK先生の矯正治療に関するレクチャーと続きます。
 

セミナー資料2.jpg

 

今回の矯正治療に関するレクチャーについて

今回行われたK先生のレクチャーは豊富な患者様の症例の中から、成人女性の開咬を伴う上顎前突と長期に及ぶ経過観察」「成長発育期の女子からの下顎前突の治療とその後の長期フォローアップ」の2症例について、共に口腔筋機能療法(MFT)の必要性を交えながらの内容でした。

歯科全般と同じように、矯正歯科治療は矯正治療によって得られた歯並びや、咬み合わせをその時点でもっとも適正な状態へ維持安定させるために保定・定期健診・経過観察と、長期的に患者様にお付き合いしていただくことになります。
 

K先生のお示しいただいた長期フォローアップ症例は、動的な矯正歯科治療後に起こりうる数々の事柄を私たちに教えてくれました。
その後は、会員の現在の矯正歯科治療に対する悩みなどにもお答えいただきました。

勉強会.jpg


 

矯正治療の技術を高める「継続は力なり」の重要性

「継続は力なり」は私の恩師の一人である、東京歯科大学名誉教授の腰原好先生が研究室院への贈った言葉です。
腰原先生は私が学生の時、運動部の部長も長くしていただき、当時の現役部員にも「継続は力なり」のお言葉をかけていただきました。
 

長く矯正歯科治療に携わることの大切さ、難しさをあらためて認識する今回の研究会への参加となりました。


 

豊富な知識と技術で行う矯正歯科治療なら、常滑の久野歯科医院へ 

本日ご紹介をしたように私は専門の矯正歯科医として、自身の知識そして技術をより向上させるため、様々な勉強会や研究会等へ足を運び学んでいます。
そして、そこから得られた経験・知識を患者様への実際の矯正歯科治療へ役立てています。

kuno dental waiting room2021.jpg

このような豊富な知識・経験に基づく、より効果的で質の高い矯正治療をご希望でしたら、是非ご相談をいただければと思います。
また、現在他院で矯正歯科治療を進めているものの、不安がある、治療内容に疑問がある場合はセカンドオピニオンとして、患者様の不安を解消するお手伝いも行っております。

そのため、当院には近隣の常滑だけでなく、名古屋市やその他の遠方地域からも多くの患者様へお越しいただいております。
今後もお一人ひとりの患者様へご納得いただける矯正治療に努めてまります。
 

【本記事の執筆者について】 矯正歯科専門 久野歯科医院 院長 久野昌士
 
kuno dental doctor profile.jpg

≪院長の略歴≫
昭和57年:東京歯科大学を卒業する。
昭和57年~61年:東京歯科大学補綴第二講座に在籍
昭和62年~平成1年:愛知学院歯学部口腔外科第二講座研究生
 
・名古屋YDCAスタディグループ
コンプリートデンチャー研究会に在籍をしながら、
名古屋顎矯正研究会に参加し、現在に至る。

 
常滑の矯正歯科 久野歯科医院のトップページはコチラから

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談