久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長への一問一答

院長への一問一答

先生が歯科治療を行うにあたり、意識されているポイントは何でしょうか?
歯医者の治療はむし歯や歯周病の治療など比較的治療が長期にわたる場合も多く、
患者様の信頼を得ることができなければ通院していただけません。

患者様はこの歯医者に自分のお口の中の健康を維持する手伝いを任せてよいのか不安があると思います。
来院される患者様の信頼を得ることに努めています。

また、治療はできるかぎり歯を残すようにつとめています。
なくしてしまった歯質は戻ることがありません。人工物で補うしかないのです。
治せば治すほど歯の寿命は短くなってしまいます。
むし歯の予防をして、歯周病を悪化させないことが肝要だと考えています。
患者さんに不安や心配のないよう、行っていることや、気にかけている点について教えてください
痛みがあれば痛みをとることを最優先します。
痛みをとるためには処置が必要であることが多いのですが処置に痛みを伴うようなことがあれば
表面麻酔から局所麻酔を丁寧に行い、なるべく無痛の状態をつくります。

局所麻酔が奏功するまでに少し時間がかかりますので、患者様の様子を伺いながら状況をわかりやすく説明するようにつとめています。

最近の患者様はネット環境が充実していて知識が豊富ですが、
不用意な不安を与えないように言葉を選んでの説明につとめています。
矯正歯科治療の相談に来院される方には悩みや不安を抱えて歯科医院への来院を決断して、
いらっしゃる方も多く、心情を汲み、精神面の配慮にも努めています。
院内衛生面についての取り組みについて教えてください
当院は開院して112年の古い歯科医院です。
新しい歯科医院ではありませんので何度も院内の感染予防などの院内衛生面の改善を行ってきました。

スタッフの交代のタイミングで衛生面の改善を行うことが多かったのですが、
現在はできる限り使い捨て(ディスポーザル)のものを使用するようにしています。
回転させて歯を切削する道具は、滅菌・消毒時間と間隔に支障のないように数を多く増やして対応しております。

患者様の周辺の衛生環境は大学病院と同様になるように努めています。
照明も以前の古い環境設備にあった蛍光灯照明を根本から撤去して自然環境にもやさしいLED照明にすべて交換しました。
衛生面の取り組みにはこれでよいということはありませんから
今後もできることから日夜改善を続けていかなければならないと思います。
来院された患者さんへ快適に過ごしていただくための取り組みはいかかがでしょうか?
アロマは香りに好みが生じたり、香りに敏感な方がいらっしゃるために採用しておりません。
リラックスしていただくために音楽を流していた時期もありましたが、
すべての患者様の肉体的・精神的なリラックスに対応するには限界があり現在は流しておりません。
長い時間お待たせする可能性があったり、不安が募らないように雑誌やシリーズのある大人から子供まで楽しめる
コミックをそろえておりますが、現在は極力待ち時間を短くすることに努めておりますために
待合室ではテレビの放送のみにしております。


診療室内で診療台に患者様がいらっしゃる時には患者様の了承をお伺いしてひざ掛けを使用していただいております。
ひざ掛けを使って足元を覆うことで患者様の治療中の精神状態の安定を図るように努めています。
ひざ掛けは肌触りなどよいものを気配り選んで使用していただいています。
抜歯や大掛かりな処置、強い痛みが予想される治療を行った際の配慮について教えてください
炎症の程度が強い場合には処置の翌日に洗浄に来ていただきます。
数日連続して来院していただき洗浄を繰り返し行う場合もございます。
また処置後に痛みが予想される場合には局所麻酔の効果が消える前に鎮痛剤の服用をお勧めしています。

強い痛みが予想される治療を行った夜には電話で痛みの程度や体調を伺うようにしています。
高い発熱や急性のつよい炎症でお口をあけることができない場合などは、早めの判断をおこない、
迅速に常滑市民病院の歯科口腔外科への紹介を行って、当院へ来院された当日に処置が可能となるように連携をいたします。
高齢者の方が来院された際の配慮はいかがでしょうか
当院のスタッフが介助が必要な方には治療室への出入りをお手伝いします。
初診時の問診表等につきましては待合室にてスタッフが質問するかたちで行います。
診療時の体位に配慮し、座位での治療も状況におおじて採用しています。

当院は完全なバリアフリーの診療所ではありませんが、
玄関の手すり、トイレの手すりの設置などできる範囲での環境改善を続けています。
当院は地域的に高齢者、超高齢者が多く来院していますが、スタッフが一人ひとりの体調や状態を十分把握して対応しています。
久野歯科医院で特に力をいれているのはどういった治療でしょうか
若年者ではむし歯、歯肉炎の予防と歯並び、かみ合わせの改善と育成
成人ではむし歯の治療や歯周病の予防、治療と歯並びの治療
高齢者・超高齢者では口腔機能の改善やむし歯や入れ歯の治療を通しての
オーラルリハビリテーションに重きをおいて治療しています。


お口の健康を永く維持させるためにはむし歯を作らないように予防すること、
歯周病を悪化させないようにお口の中を清潔に保つためにオーラルセルフケアが必要です。
セルフケアが円滑に行えるお口の中の環境をととのえるためには歯並びがおおきくかかわってきます。
矯正歯科治療を行い歯並びや咬みあわせを改善し、
ブラッシング等のオーラルセルフを行うことでお口の中の健康管理がたやすくなります。
新規患者さんの来院時に安心していただけるための配慮についてお聞かせください
来院される新規患者様は多様な希望をもって当院に来院されると思います。
患者様からのお話を十分聞き、希望される処置・治療をなるべく早く判断し、
対応することも新規患者様の不安を取り除くひとつになるとおもいます。

また痛みについても不安があると思いますので痛みを伴う処置を極力避けるために、
まず局所麻酔を痛みなく行うようにしています。
局所麻酔前の体調にも十分な配慮をいたします。

矯正歯科治療のための相談で来院された患者様には
当院へ来院された決意や背景などの可能性も十分に考慮して言葉をえらんで対応しています。
来院によって更なる不安を与えることのないように考えて助言いたします。

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談