久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

多様な義歯に対応しております

久野歯科医院ではノンクラスプ義歯、マグネット式義歯、ループ・シリコーン義歯、保険義歯といった多様な義歯(入れ歯)に対応しております。

「新たに入れ歯を付けてみよう」「今の入れ歯に違和感がある…痛みがある…」
「快適に食事をすることができない…」といったお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

当院ではこれまでに数多くの入れ歯を作製しており、患者様のお悩み・ご要望に合わせた入れ歯をお作りいたします。

ノンクラスプ義歯について

ノンクラスプ義歯は入れ歯を装着する際に気になる、付けた時の「違和感が解消」され金属の留め具もないため、「見た目がよく、快適な入れ歯」です。

入れ歯を付けているかどうか、パッと見では分からないぐらい、近年の入れ歯は日々進化しております。

※全ての方に適しているわけではないため、お口の状態等をチェックの上、他の入れ歯をお勧めすることもあります。

マグネット義歯(マグネットデンチャー)について

マグネット義歯とは入れ歯の支えとなる歯(支台歯)に磁性アタッチメントという装置を組み込んだ入れ歯のことです。

磁性アタッチメントを利用した歯は入れ歯の下に覆われますのでオーバーデンチャーの一種でもあります。

むし歯や歯周病、そのほかの原因で多くの歯を失ってしまい、お口の中に残っている歯が少ない場合で入れ歯のかむ力を受け止める、支えとなる歯の負担が大きくなる場合にマグネット義歯が考慮されます。

それとは反対に少数歯の欠損の場合では、取り外しができて、衛生的に清潔に扱うことができ、異物感をブリッジタイプの修復物と同程度におさえ、審美的にも部分入れ歯の場合に残っている歯に引っ掛けるバネ(クラスプ)が見えないように配慮ができます。

支台歯に強く負担をもとめた部分入れ歯にはコーヌス=クローネに代表されるテレスコープ(ダブルクラウン2重金冠)義歯がありますが、 テレスコープ義歯に、ひとたびトラブルが起きますとその対応に手を焼くこともしばしばです。

テレスコープ義歯は歯のなくなっている状態や歯の残っている位置、患者様のかむ力のコントロール、歯周病の程度、クレンチング・
ブラキシズムなどの口腔習癖などを考慮に入れた適応症の選択が非常に重要となってきます。

技工技術も高度で費用も高価です。

 

O-リングスタッドアタッチメント

根面アタッチメント(スタッドアタッチメント、OPアンカーアタッチメント)にはO-リングに代表される数々のものがありますが、そのうちでも磁石を用いた磁性アタッチメントは形が単純で壊れにくく取り扱いが簡単です。

O-リングに使用されるゴムの磨滅もありません。
入れ歯の修理も比較的簡単に行なえることもよい点です。
咬む力を磁性アタッチメントに伝わる部分が歯ぐきに近く、低く設定されるので歯に加わる負担も軽減されます。

技工技術もそれほど難しくなく、費用もテレスコープ義歯やそのほかのアタッチメントを使用した入れ歯に比べて安価に調製できます。

歯のほうにはキーパーとよばれる鋼材でできているものを組み込んだ短い筒状のキャップが装着されます。入れ歯のほうに磁性体が組み込まれます。

従いましてMRIなどの検査の際には入れ歯をはずしていただければ、何の問題もございません。

一般的にMRIなどの検査を行うときはネックレス、指輪、などにくわえて入れ歯もはずしておこないます。別段の配慮は必要ないと考えております。

根面キャップを装着された歯は入れ歯内に設定された磁性体に牽引されることになりますが上下的な力であり、横からの歯に悪い方向の力ではありません。

加えて長期的には歯周病への罹患がなければ歯の周りに骨ができたり、健康な歯ぐきの幅が多くなる可能性もでてきます。

口腔内に装着される根面キャップは形は変化していてもご自分の歯に間違いありませんから今までの歯と同様に根面キャップを装着した歯の手入れは十分に行なうことが大切です。
オーバーデンチャーを装着しますので今まで以上に歯周病にかからないことが重要になってきます。

マグネット(磁性アタッチメント)義歯のよい点は

● 形が単純で壊れることが少ない
● 形が単純なので歯の手入れがしやすい
● 加わる力(咬む力)を受け止める位置が低いので横からの悪い力(側方力)の影響を受けにくい
● 入れ歯の修理が簡単にできる
● 入れ歯の新製のたびにアタッチメントをつくることなく磁性体を組み込むことが安易である
● 磁性アタッチメントは入れ歯の下にかくれるので一般的な部分入れ歯の”バネ”はなく審美的にも優れている
● 将来介護が必要になっても口腔ケアが容易である
● 異物感を少なくできる

マグネット(磁性アタッチメント)義歯の悪い点は

● 磁性アタッチメントは入れ歯の下にかくれるので汚れやすい
● 歯の形成量、切削量(削る量)が比較的多くなる
● 場合によっては歯髄処置(神経を抜く処置)が必要である

マグネット義歯の装着により尚一層の定期的な検査や歯のクリーニングがとても大切になってきます。
プラウトに代表されるワンタフトブラシがセルフケアではかかせません。
入れ歯は何度でも修理、新製ができますがご自身の歯には代わりがございません。

実際の症例

以下に実際の症例を示します。

症例1
 

使用するマグネットアタッチメントです。

 

キーパーを取り込んだ根面アタッチメント(スタッドアタッチメント)
口腔内に装着された写真です

 

根面アタッチメントです。

 

根面アタッチメントに対応している磁性体を入れ歯の中に埋め込みます。

 

磁性アタッチメントの組み込まれたマグネット義歯です。
マグネット部位は入れ歯の中に隠れて目立ちません。

 

唇をあげなければ普段、通常の状態では入れ歯を入れているかどうか判りません。

 

症例2

別の患者様の例です。

 

型取りをしてキーパーを取り込んだ根面アタッチメント(スタッドアタッチ
メント)を調製します。

 

キーパーの装着された口腔内です。

 

磁性アタッチメントの埋め込まれた入れ歯です。

 

古い今までの入れ歯の装着時の写真です。
残っている歯にバネ(クラスプ)がかけてあり、入れ歯をはめているのがわかります。

 

マグネット義歯を装着した写真です。
バネはなく入れ歯をはめているか判りません。

 

参考

テレスコープ義歯(コーヌスクローネ)について

入れ歯を支えている歯(支台歯)につよく支持と維持を求めた入れ歯です。
内冠と外冠という支持と維持を備えた装置を有する入れ歯で一般的な部分入れ歯の【バネ】の役割を外冠が担います。

【バネ】がないので審美的にも優れており、強固で変形のない入れ歯は支台歯をしっかりと固定し、痛みがなくよく咬めます。

内冠にはある一定の角度が付けられ、内冠と外冠とは茶筒のふたと茶筒のような関係になっておりお口の中で入れ歯を安定させます。
アタッチメント義歯の中では形が単純で内冠、外冠が破損することはありません。
しかし、支台歯にトラブルが生じますとその後の修理を含めた対応が難しいものになる場合があります。

支台歯の残っている歯質の状態、支台歯の歯周病への罹患の有無、かみ合わせの状態、上下の顎の歯のないところと歯の残っているところの分布状態など将来起こるトラブルを十分予想してそれに対応できるように準備します。

テレスコープ義歯(コーヌスクローネ)は技工操作が煩雑であるがゆえに治療のステップ(回数)が多く、誤差を生じやすいので一般的な部分入れ歯以上に調製時や装着時にも注意と配慮が必要です。

 

決められた角度のついた内冠を装着します。

 

口腔内に装着した内冠によく適合、フィットした外冠を試しに入れて確認をします。

 

入れ歯の骨格となる部分と外冠をつなぎ合わせて強固な部分入れ歯の母体を調製します。

 

完成したコーヌステレスコープ義歯です。

 

口腔内に装着された様子です。

 

ループ・シリコーン義歯

入れ歯にクッション性の高い柔らかいシリコーンを使用した入れ歯で、装着した際のフィット感が良く歯ぐきへの負担も少ないため、従来の入れ歯よりもお勧めです。

今使用している入れ歯が合わない、痛みがあるといった患者様は快適にご使用いただけます。
入れ歯の素材が柔らかいため、歯ぐきや顎への負担も改善されます。

ループバイオシリコーンを使用した入れ歯の特徴

今まで入れ歯に使用してきた軟性裏装材(軟らかい性質の入れ歯の裏打ちを行う材料)について

むし歯や歯周病が原因で歯を失くされた患者様に機能回復、審美性の回復のために入れ歯を装着していただくわけですが、入れ歯が働く力(咬合力、咀嚼力)をうけとめる顎の粘膜(顎堤粘膜)の状態は歯を失くされた原因や歯を失くされた年齢、時期などにより大きく相違がございます。

粘膜の厚み、硬さ、弾力性、抵抗力は患者様一人ひとりちがいます。

丁寧で詳しい問診から口腔内の顎堤の診査、残っている歯の状態位置・分布などの精密検査が行われ、患者様の今までの苦情、要望をお聞きして入れ歯の調製にうつります。

一般的に入れ歯は顎堤粘膜に接しているところを含めてレジンと言われる硬いプラスティックでできています

弾性があり比較的軟らかい顎堤粘膜の上に硬い入れ歯が装着され、入れ歯の上部の人工歯により食物が咀嚼されます。

かみ合わせにずれが生じますと顎堤粘膜が硬い入れ歯でねじれ、こすれて痛みを生じることになります。

患者様の中には顎堤粘膜が非常に薄く、弱く、痛みに対して感受性の高い方がいらっしゃいます。
いくら調整を重ねても痛みの消えない患者様には弾性のある材料を使用する場合もございます。

当院では長年、顎堤に優しい多種類の軟性の材料を使用してきました。
入れ歯に使用される軟性の材料には
フッ素系の樹脂、アクリル系の樹脂、シリコン系の樹脂 などがあり、それぞれに利点と欠点がございます。

●フッ素系の樹脂

利点:

入れ歯に使用されているアクリリックレジンとよく接着し弾性に富み、患者様への適応にも優れておりました。
長期的にも材質が安定し清掃性にも優れ、痛みが取れた患者様はかみ合わせも安定して次の機会に入れ歯を新しくつくる時には軟性の材料が必要のなくなる方も多数いらっしゃいました。

欠点:
しかしフッ素系の樹脂の発がん性が指摘され、以後製造が中止され現在販売しておらず流通しておりません。

●アクリル系の樹脂

利点:

アクリリックレジンとよく接着し粘弾性があり、仕上がりが入れ歯本体と滑らかに移行できて入れ歯は磨きやすく、あらかじめ入れ歯の粘膜と接触する部分に粘弾性のアクリル系樹脂を使用することで適合の良い入れ歯をつくることができます。今までにも多数の患者様に使用しました。

欠点:
硬さが温度に左右され(温度依存性)、着色しやすい性質があり食べ物により着色する場合があり、長期的にはやや問題があり、次第に硬さが増しもろくなる傾向がありました。
アクリル系の樹脂は現在も使用されていて改良が進んでいます。

 

●シリコン系の樹脂
シリコン系の樹脂による軟性の材料は入れ歯本体との接着に接着剤が必要であること。
使用中にシリコンが入れ歯の本体部分からはがれてくることがありました。
また入れ歯を調整するときの材料にシリコン系のものがあり、入れ歯のシリコン系樹脂と付くと取り除くのに無駄な時間を費やすことになり取り扱いが悪く、
アクリル系の樹脂に比較して移行部がみがきにくいなどの欠点があります。

アクリル系樹脂、シリコン系樹脂ともに一般の義歯洗浄剤を使用すると劣化が早まる可能性があります。

ループバイオシリコーンによる入れ歯について

ループバイオシリコーン義歯(デンチャー)はシリコン系のバイオシリコーンを使用しておりますが強力な接着剤の開発によりシリコン系樹脂の欠点の一つであったはがれると言うことがほとんど解消されています。

ループバイオシリコーン義歯(デンチャー)の利点は、材質がシリコンなので顎の粘膜に対して柔らかく痛みが出にくいことでしょう。3種類(ソフト、エキストラソフト、ウルトラソフト)の軟らかさがあり患者様の顎堤粘膜の厚さを考慮に入れた材料の選択が可能です。

使用しているバイオシリコーンはひろく医療の面で使用されていて国の医療用具として承認を受けている材料です。

無味無臭でアルコール臭などの独特なにおいはありません。
耐久性は少なくとも3年間は快適に使用できます。
バイオシリコーンの部分だけ取り替えれば入れ歯本体は長期に使用することが可能です。

義歯洗浄剤は毎日洗浄する薬剤と1週間に1度洗浄する薬剤を使用する2段階で入れ歯の洗浄をおこなうタイプの義歯洗浄剤をおすすめします。
1週間に1度の次亜塩素酸系の洗浄剤にもループバイオシリコーンは劣化いたしません。
さらに超音波洗浄器を併用していただきますと義歯の洗浄を効果的におこなうことができます。

 

バイオシリコーンの部位は軟らかいブラシで中性洗剤を使用して毎食後、清掃を行うこともおすすめします。
常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院でのバイオシリコーンを使用したループバイオシリコーン義歯の治療例を示します。

一般の入れ歯の治療と同様に精密な形取りとかみ合わせの確認を行い、入れ歯を調製をいたします。

常滑・知多の久野歯科医院ではほとんどすべてのケースで患者様の咬む力を利用して型取りの採得とかみ合わせの確認を同時に行ないます。

写真は粘膜面の型取りが完了した写真です。
前歯部にはインプラントが入っています。

 

お口の型と咬みあわせが正確に再現されて、入れ歯を調製する作業を行うために模型が器械(咬合器)に付けられた写真です。

 

完成した入れ歯の顎堤粘膜に接触する部分に均一になるように粘膜調整剤を付着させます。

この状態で患者様には、しばらく食事をしていただき痛みが出れば咬みあわせと主体とした調整を重ねていきます。
入れ歯の横のズレはないようです。

 

写真は痛みのない顎堤粘膜に接触する部分に均一になるように粘膜調整剤を付着させ粘膜調整のおわった状態の粘膜面の写真です。
(別の患者様)

 

粘膜面に粘膜調整剤が均一に付着され、入れ歯本体部分と滑らかに移行的に仕上がっている入れ歯の写真です。

この粘膜調整剤の部分をループバイオシリコーンにて正確に置き換えます。

 

顎堤と入れ歯の接触する部分にバイオシリコーンが使用された完成義歯の内面です。

 

この粘膜調整剤の部分がループバイオシリコーンにて正確に置き換えました。
バイオシリコーンと入れ歯本体との境目はなく滑らかに移行しています。

 

患者様に装着された入れ歯です。
顎の前後的、左右的なズレはありません。

 

入れ歯の作り上げる作業に使われる模型は顎堤粘膜の型取りをいくら精密に採りましてもその時、一瞬の粘膜の状態を表現しているに過ぎません。
同様にかみ合わせに関してもかみ合わせの確認をした時の一時的な状態を器械(咬合器)に伝えているのにすぎません。

お口の中で入れ歯が十分に働いている状態の顎堤粘膜の情報、咀嚼時のかみ合わせの情報が必要となってきます。

そのために粘膜調整剤で調整を繰り返し、機能的な顎堤粘膜の形の状態を採得し、かみ合わせの調整を丁寧に行ってからループバイオシリコーン義歯を作成いたします。

大切なのは過不足のない口腔顎堤粘膜を含む粘膜のかたどりに基づいた適正な入れ歯のかたち(義歯外形)と円滑な咀嚼運動ができる咬みあわせを持った入れ歯を作り上げることです。ループバイオシリコーン義歯は顎堤粘膜が弱く、薄く、患者様のかむ力に顎堤粘膜が耐えられない場合や痛みに過敏な方に威力を発揮します。
入れ歯の不備を補うためにバイオシリコーンを使用しても患者様が満足できる入れ歯は完成しません。

入れ歯の痛みには口腔内乾燥症・ドライマウスに対しても十分に考慮が必要です。
入れ歯の治療を担当する歯科医師の技量がおおきく影響します。

関連記事:
ドライマウス(口腔乾燥症)とシェーグレン症候群(SjS)について
ドライマウス(口腔乾燥症)について その2

保険義歯:

これまで幅広く使用されてきた入れ歯がこちらの保険義歯です。

こちらは入れ歯を支えるための金属バネを使用しひっかけるタイプとなります。
付けた際の見た目や装着感等、快適さの面で劣る部分はありますが、保険適用が可能なため比較的安価に製作を行うことができます。

常滑市・知多市の久野歯科医院では入れ歯を重点科目としております常滑市・知多市の久野歯科医院では入れ歯に重点をおき、診療しております。

先代、先々代も入れ歯を診療科目の要として歯科医院を営んでまいりました。

私も研修を終え、30年近く義歯に関して研鑽し日常の義歯臨床に数々の技術を応用してまいりました。
現在はすべての患者様の下顎総義歯の吸着を目指しております。

 
当院でつくった下顎吸着義歯です。   初診時装着されていた不具合な
下顎総義歯です。

同じ患者様の入れ歯で、型だけでも随分違っています。

当院の治療方法

久野歯科医院での入れ歯の治療方法は今までお使いの義歯の複製を作成し、複製義歯を改造・粘膜調整を行って、痛みなどの患者様の持っていたすべての問題を解消した後、新しい入れ歯の作成に入る方法です。

長年の痛みのある難症例の患者様は最初にフラットテーブルのリハビリテーション用の入れ歯をつくり咬合の問題を分析、クリアしたのち新しい入れ歯の作成に入ります。(桜井式無痛デンチャー)
部分入れ歯の場合も正しい原理原則にのっとり作成していけば、ほぼ満足のいただける入れ歯の作成が可能です。

入れ歯は取り外しをして残っている歯と共に掃除をして清潔にしておかなければなりません。
入れ歯を入れますと「余計なもの」が口の中に入るわけですから、お口の清掃にも一層気を使わなければなりません。

個人差がありますが固定式のものより、入れ歯に慣れるまで異物感があります。
唾液の量にも影響を与えたり、しゃべることにも慣れが必要です。味覚も一時的に変化する可能性がございます。
このように取り扱いにも注意が必要で、最初は煩わしい事がおおくあります。

しかし、異物感に慣れてしまえば他の苦情・不満はほぼ解消できると思っております。
食物を噛み砕く効率は、ご自分の歯やインプラントには大きく及びませんが、当院の入れ歯の患者様の中には「肉でもいかでも食べられる」方も少なからずいらっしゃいます。
ご希望がありましたら特殊な人工歯(ブレードティース)を使用して入れ歯をつくることも可能です。

顎の骨をドリリングし手術が必要なインプラント治療と大きく違い、入れ歯は顎の粘膜の上に装着するため手術を必要としません。欠損治療の成功率は100%ということになります。

全身疾患の既往のある方や持病のある方をはじめ、もちろん健康に問題のない方まで、すべての欠損治療の必要な方に対応が可能、それでいて治療で起きるリスクは0(ゼロ)です。当院のコラムでお知らせしているように高齢者、超高齢者、被介護者に入れ歯の治療を行うことで口腔機能の向上から身体機能の維持などさまざまな良い結果をもたらします。

現在の日本では歯科治療はほとんど保険治療が可能です。
自費治療を行うための材料・材質、方法に差がありますが、決められた材料、方法であればすべて保険適応しています。
但しインプラント治療と矯正治療はそれに変わるものがなく保険ではなく、自費治療となります。

こちらに、総入れ歯の調製の一例を示します。

調製の一例
 

初診来院時の患者様の下顎の入れ歯です。
咬む力を負担する顎提粘膜部が狭く小さく感じられます。

入れ歯は上下が一組になっていることが多いのですが、患者様の苦情の多くは下顎の入れ歯に集中しています。
しかし、上顎の入れ歯の不備が下顎の入れ歯の苦情としてあらわれる事もありますので上下で作り直しをすることが多いのです。

もとの入れ歯から複製(コピー)をつくり、本来の適正な入れ歯の外形に改造しながら、粘膜の痛みをとり粘膜調整を行い、咬み合わせの調整をして治療をしていきます。
貴方の、貴方のご家族の入れ歯はどちらに似ていますか?

  白いのは粘膜調整剤です。
粘膜調整剤の厚みが均一になるように調整をつづけ、咀嚼時の痛みをとっていきます。
  咀嚼時の痛みが取れて、そのほかの苦情(問題)が解消されたら、上下の複製義歯を利用して上下の型と咬みあわせを同時に採得します。
  この状態を精密に再現して入れ歯をつくります。
 

入れ歯の完成です。

入れ歯の調子が悪く通常の治療では咀嚼時の痛みが取れない場合には、かみ合わせに問題があることが多く診られます。
顎がずれたままだと何度入れ歯を作り直しても不具合が生じてしまいます。
長年の顎のずれを治すためには治療用の入れ歯を使ってリハビリテーションを行います。

 

上下の治療用義歯の写真です。
下顎の入れ歯の奥歯の部位には、通常より柔らかい材質を使い、顎を正しい位置に戻すためにフラットテーブル状にしてあります。

 

お口の中に治療用の入れ歯を装着直後の写真です。
粘膜部の痛みをとりながら入れ歯を調整していきます。
上の入れ歯の真ん中(正中)と下に入れ歯の真ん中は一致しています。

 

シリコンチューブを奥歯でかんでもらいお口のリハビリテーションをおこないます。

 

下の入れ歯のフラットテーブル部には上の入れ歯との咬み痕ができて来ます。
この咬み痕を分析して最終的な入れ歯をつくる時の参考にします。

 

咀嚼時の痛みが取れて治療義歯装着後2ヶ月10日経過後、下の入れ歯の真ん中(正中)がずれています。
この位置が本来の患者様の顎の正しい位置であることがわかります。

 

上下の治療義歯のかたどりと咬みあわせを一塊の状態で採得します。

 
 

入れ歯の完成です。

 

入れ歯を装着してテストフード(オカキ、エビせん)を食べて痛みを確認します。

久野歯科医院では、なるべく体に負担のかからぬ治療、なるべく費用のかからぬ治療、再治療が簡単にできる治療をめざしております。
入れ歯がどうも調子の悪い方、痛くて咬めない方、入れ歯でお悩みの方、そのご家族の方、ご連絡ください。お待ちしております。

今までも遠方からの患者様もいらっしゃいます。
最近では常滑市大谷からO様ご夫婦、美浜町上野間からN様ご夫婦、美浜町美浜緑園からM様、常滑市阿野からM様、T様、
阿久比町からY様、半田市桐山町からY様、半田市成岩町からK様、知多市岡田からT様、千葉県茂原市からK様、
千葉県市川市からG様、三重県四日市からS様が来院されました。

入れ歯の取り扱い方、入れ歯の諸注意について

健康な暮らしに入れ歯は必要です

「入れ歯」と言うとなんとなく、年寄りじみた気がしないでもありません。
しかし失った歯を悔やむより、入れ歯によって、これからの暮らしを快適にすることのほうがもっと大切です。

入れ歯について正しい使い方や手入れの仕方を知らないために、不便な思いをしておられる方も案外多いようです。

入れ歯・義歯は…

T.楽しい食生活に欠かせません。

歯が抜けたままにしておくと、食べ物をしっかりかむことができません。
そのため、柔らかいもの、小さいものなど食べられるものが制限されてきます。

あれはだめ、これはだめでは食卓を囲んでの一家団欒の輪に入れないことにもなります。
このままでは食欲もなくなり、健康を維持することができません。

入れ歯を上手に使いこなすことによって、食べ物がよく咬めて、楽しく、おいしく食べることができるようになります。そして多くの人たちとグルメを通じての楽しみの輪が広がります。

U.若々しさを保ちます。

歯が抜けたままで放っておくと、口元に張りがなくなってしわができ、だんだん老人的な顔つきになります。
入れ歯を装着することにより容貌が回復し、自信を持って社会生活ができるようになるのです。

優れた技術と材料で作られた入れ歯は、以前と変わらない容貌を復活させ、生活にハリを与えます。
男性の方は髭剃りにも関係いたします。

V.明るい会話が弾みます

特に前歯は、一本でもぬけるとその間から空気がもれて、うまくしゃべることができなくなります。
歯が抜けたままのときにもどかしく思われた会話も入れ歯によってスムーズにできるようになります。

会話は食生活と同じくらい私達の生活、特に、お付き合いには欠かせないものです。
大いに笑って話合うことで毎日の生活にもリズムがでてきます。
入れ歯の果たす役割は、とても重要です。

W.残っている歯と歯ぐきを守ります。

歯は全部そろっていてこそ、その役割を十分に果たすものです。
一本でも欠けたままにしていると、残りの歯に負担がかかり、健康な歯まで早くだめになってしまいます。

また歯が傾いたり、かみ合っていた相手の歯が伸びたりして全体の咬みあわせが狂ってきます。
さらに、口が開きにくくなったり、顎の関節が痛くなったりすることもあります。
残っている歯と顎や口全体を健康に保つためにも入れ歯は重要なものです。

入れ歯に慣れましょう

入れ歯は、あなたの口の中にあわせて精密に作られています。
しかし、なにぶんにも作り物なので、口に入れてからはあなたの練習が大切です。

先ず慣れることです。しばらく付き合えば、きっと「体の一部―人工臓器」として活きた入れ歯になります。

T:入れ歯をはめる前に…

先ず、入れ歯をはめるときは、水で一度ぬらしてください。
入れ歯のはめはずしは、手指でていねいにしましょう。

なれると簡単にできますが、最初は洗面所などで鏡を見ながら、両手で、はめはずしの練習をしてください。

U:はじめての入れ歯は…

今まで口の中になかったものですから、初めは気になってはずしたくなりますが、先ず1日我慢して入れてください。

実際問題として、

  • ○ 唾液が出やすくなる。
  • ○ 歯や歯肉が少し締め付けられるような感じがする。
  • ○ 話しにくい。
  • ○ 熱や味覚に対して鈍感になる。
  • ○ 気持ちが悪くなったり吐き気を催すことがある。

というようなことが起こります。

これらは2〜3日すると、慣れてきます。
しかし、痛みや何か強い症状があれば直ちに主治医に相談してください。

V:大切なのは、練習と慣れです。

例えば、皮の厚い足でさえ、靴擦れができるのですから、口の中の柔らかい粘膜の上に、硬い入れ歯をはめてうまくかめるようになるには、それなりの練習を要します。

自分から入れ歯に慣れようとする努力を怠らないことが大切なポイントです。
たとえば骨折の治療後、ギブスをはずしてもすぐに運動できません。リハビリテーションが必要です。
入れ歯もある種のオーラルリハビリテーションです。慣れと練習が必要です。
入れ歯を装着することが大切です。装着していなければ痛みなどの苦情は生まれません。

しかし、なかなか慣れないときや、痛んだり、傷ついたり、腫れたりしたときは、歯科医院に連絡してください。
受診の時には多少苦痛でも1日前から入れ歯を使って、あたっている所がわかるようにしておくことも必要です。
入れ歯を入れてからの練習と、調整を受けることが成功への道です。

W:食事について

最初は、柔らかい物や、小さく切った物を奥歯でゆっくりかんでください。
入れ歯の前歯でかむと、入れ歯が動いたり、前歯部の粘膜や顎の骨に負担がかかりすぎることがありますので注意しましょう。
奥歯で左右均等にかむようにしてください。
痛みがあれば調整を十分に行い治します。

入れ歯は比較的、硬いもの(例としておかき、せんべいなど)でも食べられます。
しかし軟らかい物(例としてパン、餅など)でも粘りがあるものは食べにくい傾向にあります。

まずはマグロの刺身、うなぎの蒲焼、煮魚などが食べられるようになりましょう。
良質なたんぱく質を体に摂取することはとても大切です。

だんだん硬い物、大きな物に移していきます。
かなり慣れるには1ヶ月、よく食べられるようになるには3ヶ月ほど期間を要します。
無理な使い方を避けて、1つ1つ段階を経て練習していくことが大切です。

入れ歯が装着できていて咬んで痛みがなければ色々な食物に挑戦してみてください。

X:発声・発音について

入れ歯をしてごく初めのうちは、話しにくく、「サシスセソ」「タチツテト」が発音しにくいことがあります。
また自分の声ではないような感じがしますが、これはまもなく慣れてきます。

前歯がなくなり、そのままでいますと息が漏れてしまいうまく発音できません。
適正な位置に配列された前歯の入れ歯ではよい発音が可能です。

入れ歯を長持ちさせるために

T:入れ歯は正しく洗いましょう

入れ歯は、正しく手入れしないと長持ちしないばかりではなく、汚れていやな臭いがしてきます。
カンジダ菌というカビの種類の細菌が繁殖し口の中が赤くなり炎症(義歯性口内炎)を起こします。

義歯性口内炎を防ぐには、毎食後水道水などの流水で入れ歯についた食べかすを洗い流し義歯用歯ブラシで洗うようにしてください。
力任せに歯みがき剤を使いこすらないで下さい。
プラスチックが磨り減りざらざらの面に汚れ、細菌がつきやすくなってしまいます。

U:残っている歯と歯ぐきも清潔にしましょう。

部分入れ歯では入れ歯の支えになる歯がこれまで以上に重要で大切になってきます。
入れ歯をしていると入れ歯を支えている歯も汚れやすくなってきます。

支えの歯を失うと治療の範囲が広がって再治療をすれば、口腔内の環境や条件はより悪化します。
残っている歯とその周りの歯ぐきを清潔に保つためにホームケア・セルフケアに心がけましょう。
残っている歯と歯ぐきを健康に保つことで部分入れ歯を長く、快適に使用することができます。

V.寝ている時に入れ歯を消毒しましょう

主治医の先生の特別な指示がない限り、寝る時には入れ歯をはずして、休みましょう。
はずした入れ歯は清掃して、入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸しましょう。

入れ歯の洗浄剤には入れ歯に付着しているカンジダ菌を殺菌する酵素が入っています。
入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸しておくだけで、入れ歯は消毒され入れ歯の臭いもなくなります。

早く入れ歯になれて心豊かに健康な毎日をお送りください。

コラム:入れ歯安定剤について

入れ歯安定剤には粘着性のあるクリームタイプ、粉末タイプ、テープタイプと粘着性のないクッションタイプに分けられます。
以前は「入れ歯安定剤を使用させるような歯医者はヘボだ」といわれたものでした。

平均寿命も延び、患者様の生活様式も変化し、患者様の趣味・嗜好も多様となった現代では安定剤の使用について全面的には否定できません。多くの人を前にお話をする機会もあるでしょう。
カラオケ大会で入れ歯が飛び出してしまっては笑い話にもなりません。

しかしながら市販されている多くの入れ歯安定剤は取り扱いが悪く、顎と入れ歯のそれぞれに粘着して、掃除がしにくかったり、口の中で溶けたりして不快な状態となることもあります。
顎に粘着し残った安定剤は細菌の温床になり、義歯性口内炎を誘発する可能性が残ります。

クッションタイプは長期の使用により、著しい顎の土手の変化を起こします。
合っていない入れ歯は顎の変化にとどまらず、義歯性線維腫の発生にも関係してきます。
当院では必要があれば粉末タイプの粘着性の入れ歯安定剤を使用していただき、治療の初期で入れ歯の修理が間に合わないような非常時にクリームタイプのものを使用していただくようにしています。

アメリカでは入れ歯安定剤が非常によく売れているそうです。
アメリカでは保険診療がなく、すべて自費診療で入れ歯を製作します
(民間保険に入っていれば自己負担は軽減されますが保険料はばかにならないようです)

歯科医師は安定剤の使用を管理下で容認しているようですが、顎にあっていない入れ歯に安定剤を使用している人も多く存在していることも想像されます。
日本でも団塊の世代が定年をむかえ、セカンドライフを充実させ豊かな食生活を謳歌するがごとく、つくられた入れ歯安定剤のコマーシャルがテレビで放映され始めました。
日本でも入れ歯安定剤の潜在的なマーケットは非常に大きいと予想されます。

入れ歯の安定剤は状況に応じて歯科医師の指導、管理の下に、入れ歯安定剤を使用することをおすすめします。

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談