久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 矯正歯科 症例

矯正歯科 症例

こちらのページでは久野歯科医院の矯正歯科治療の症例についてご紹介をします。

成人矯正 治療例

(非抜歯)叢生/ K.T様

常滑市住吉町在住K.T様

K.T様は当院の無料歯科相談にて御来院されました。
主訴は上下顎の前歯のがたがたが、気になると言うことでした。

無料相談にてお口のなかを拝見し簡単な感想をお伝えし主訴、K.T様のご希望をお聞きして質問にお答えしました。
診断の結果から上下顎前突野傾向がみられ、側貌から抜歯の可能性についてもお話しましたが、患者様の主訴は叢生で前突感ではないため非抜歯で本格矯正を行なうこととなりました。

治療前の臼歯関係では右側、左側共にClass1、犬歯関係では右側、左側ともにClass2で正中のズレもみられます。

治療前
 
治療中
 
 
 
治療後
 

患者様のお仕事の関係もあり、K.T様の要望もありましたので本来の処置方針に従えばやや早いのですが犬歯関係、臼歯関係共に良好で正中のズレも改善され前歯の接触状態もよいため動的治療を終了しました。

治療中の口腔内の清掃状態も良好でむし歯の発生、歯肉炎の悪化もありませんでした。
成人の矯正治療では歯根の吸収、歯根の破折、歯髄の壊死等の副作用を起こさないように注意をします。
今後は後戻りを防止するために保定治療に入ります。

治療期間:1年9ヶ月  
治療費用:60万円

(非抜歯)下顎の叢生・八重歯/ Y.K様

常滑市在住Y.K様(15歳女性)

Y.K様はかかりつけの歯科医院様よりのご紹介で、お母様とご一緒に来院していただきました。
主訴は下顎の叢生と上顎左側の八重歯気味の歯ならびの改善をご希望されておりました。

かかりつけの歯科医院様で今まで小児矯正で治療されており上下の歯列弓の拡大がされていて当院への来院時には叢生の程度は軽いものでした。 かかりつけの歯科医院様で予防の管理がしっかりされていてむし歯はなく、歯肉の炎症もほとんどなく本格矯正に移ることができました。

お口の中の診査、口腔内写真・顔貌の写真撮影、レントゲン撮影を行い、模型の採得をして診断を行ないました。

診断の結果叢生は軽度でしたが臼歯関係が右側はClass1、左側はClass2で犬歯関係も右側はClass1左側はClass2で正中は左に偏移していて咬みあわせがやや深い状態でした。

治療前
 
治療中
 
 
 
治療後
 

順調に治療がすすんでおりましたが患者様の非常に強いご希望により比較的早く、装置を除去することになりました。
今後は紹介いただいたY.K様のかかりつけの歯科医院さまと連携を図り後戻りのないように保定をおこないます。

犬歯関係、臼歯関係が改善しました。正中のズレも改善され、深かったかみ合わせも改善されました。

治療期間:1年9ヶ月  
治療費用:50万円

(抜歯)八重歯と叢生/ T.M様

常滑市在住T.M様

T.M様は顎関節の痛みを訴えられて予約をいただきましたが、来院時には症状は軽くなっており咬み合わせの悪さから顎関節の痛みが生じていたのなら矯正歯科治療を希望するとのことでした。

T.M様には歯並びや咬みあわせがよくないから顎関節症になるとは限らないことや矯正歯科治療を行なっても顎関節症が治るとは限らないこと、顎関節症の原因のひとつとして、 かみ合わせや歯並びの不正はありますが他にも多くの要因が考えられることなどを説明お話しました。

さらに不正咬合が将来、むし歯や歯周病の発生などの悪影響を及ぼすことについて説明いたしました。
T.M様の矯正歯科治療には抜歯を伴う可能性が高いことや一般的な抜歯の必要性なども説明お話しました。
その後、矯正歯科治療をご希望されましたので検査を行い資料の採取をして診断へ移りました。
臼歯関係は治療前でClass1で正中のズレが認められる八重歯と叢生です。

治療前
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   
治療後
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

第1大臼歯のClass1を確立して抜歯してできたスペースを利用して叢生の治療と犬歯のClass1を確立します。
正中のズレも改善されました。順調に治療がすすみました。

成人の矯正歯科治療には歯肉の退縮、歯の破折、歯根の吸収歯髄の変性や壊死などの副作用が発現する可能性もあり、注意しなければいけません。

治療費用:60万円

(抜歯)下顎の叢生/ K.M様

K.M様は口元の緊張と下の前歯が気になることを主訴として来院されました。

将来的な歯ならびが及ぼす影響もよくご存知で認識されており、矯正歯科治療をご希望されました。むし歯や歯周病のための基本検査、口腔内写真、側貌、正貌の顔貌写真、レントゲン撮影による検査を行い、診査用模型の採得をして診断資料の採取をおこないました。

歯列の乱れは軽度で下顎の叢生がみられます。口を閉じると口元に緊張があらわれます。
処置方針は抜歯を行ない、できたスペースを利用して叢生の改善と前歯群の後方への移動を行なって口元の緊張度を和らげます。

治療前
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   
治療後
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

治療は順調にすすみました。お仕事の関係上、住居が遠方になることがわかっていたので早めに装置をはずすことになりました。
動的治療終了後の1年は特に歯列が不安定で後戻りに気をつけなければなりません。

患者様には保定の大切さをお話して、リテーナーの使用期間についても説明しました。成人矯正の場合は副作用として治療中のむし歯の発生や歯周病の悪化の危険性、以外にも歯根吸収、歯根破折、歯髄変性、歯髄壊死などの可能性があり、注意が必要です。

(非抜歯)叢生 右側第2大臼歯のすれ違い/ K.S様

常滑市あすか台在住 K.S様(16歳男性)

K.S様は16歳男性で叢生と奥歯(右側の第2大臼歯)の上の歯が外側に下の歯が内側に傾斜して生えていることを主訴に常滑市内の歯科医院様よりのご紹介でお母様と共に来院されました。

小児の頃よりかかりつけの歯科医院様で床型矯正装置を使用され顎の拡大、部分的な前歯の反対咬合の改善など治療されてきましたが、今回、本格矯正を希望されて当院に来院されました。
歯にステインの着色が若干ありましたが、むし歯はなく、歯肉の炎症もほとんどなく、かかりつけ歯科医院様のしっかりとした管理がされていたのがうかがわれました。

口腔内写真の撮影、顔貌(正貌・側貌)の写真撮影、レントゲン撮影、研究用模型の採取を行い診断しました。
臼歯関係、犬歯関係ともに左側はClass1、で右側では臼歯関係、犬歯関係ともにClass1の叢生です。
処置方針は非抜歯で外則を向いた上顎右側第2大臼歯を歯列弓内に取り込み、それに対応して内側に傾斜した下顎第2大臼歯の立てなおしをはかってから、叢生を解消して治療することにしました。

治療期間:2年3ヶ月
治療費用:50万円

治療前の写真です。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

予想以上に右側の第2大臼歯のかみ合わせの治療に時間を要しました。
その後は比較的に順調の処置方針どおり治療がすすみましたが、高校2年から受験を控えて勉強に忙しく、1ヶ月以上の未来院の期間が数回あったようです。治療の後半では約束どおりの来院で治療できました。

治療後の写真です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

こういった症例の場合、ブレースとワイヤーによってお口の中の清掃が不十分となりむし歯の発生、歯肉炎の悪化の危険性が高まります。
また、矯正力が歯に伝わる時に痛みを感じる方もいらっしゃいますので、医師によるヒアリングとケアが不可欠です。

(非抜歯)上顎前歯の前突・突出/ S.Y様

常滑市榎戸町在住S.Y様

S.Y様は上顎前歯の突出を主訴にお母様と来院されました。
S.Y様のお口の中を拝見し、無料相談ののち了承を得て資料採取を行い、診断を行いました。

むし歯はなく、歯周病も軽度の歯肉炎でしたので一般的な基本のブラッシングのお話をして、口腔内写真の撮影、顔貌(正貌・側貌)の写真撮影、レントゲン撮影、研究用模型の採取を行い診断しました。
臼歯関係、犬歯関係ともに左側はClass1、ややClass2傾向があり、右側では臼歯関係、犬歯関係ともにClass2で上顎前突です。
処置方針は非抜歯で上顎第1大臼歯をサービカルタイプのヘッドギアを用いて上顎第1大臼歯を後方へ移動させて臼歯・犬歯関係をつくりながら叢生の解消して治療することにしました。

治療期間:2年4ヶ月(ヘッドギアのみの治療期間を含む)
治療費用:60万円

治療前の写真です。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

ヘッドギアを使用して上顎第1大臼歯を後方へ移動させます。
S.Y様には在宅中と就寝時のヘッドギアの使用をお願いしました。
顎外固定装置のヘッドギアを指示通りに使用してくださり、計画通りに上顎第1大臼歯を後方に移動することができました。
成長発育中にヘッドギアを使用して上顎第1大臼歯を後方に移動させて上下の第1大臼歯のかみ合わせの改善と叢生の治療のためのスペースに確保ができました。

   

治療の途中では結さつ線がはずれてきたり、ワイヤーがはずれてくることが通常に比べて多く起こりました。
治療が予定通りすすまないこともありました。治療の後半ではお口の中のむし歯の管理に時間を要することもありました。

治療後の写真です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

固定式治療用装置を使った矯正歯科治療の副作用として、矯正歯科治療中のむし歯の発生、歯周病の悪化などの注意しなければなりません。
力のコントロールを十分に行い歯根吸収にも注意します。
特に成人では歯髄の壊死につながることもあり、ノウハウのあるしっかりとした医師の治療をおすすめいたします。

(非抜歯)八重歯/ I・M様

常滑市奥条在住 I・M様 (15歳女性)

IM様はかかりつけの歯科の歯科医院さまより紹介されお母様と共に来院されました。
お話によりますと通われていた歯科医院様で混合歯列期に上下顎に拡大床を入れて治療されていたとのことでした。
永久歯列となったため、かかりつけの歯科医院様よりご紹介をいただきました。
すぐに資料採取を行い、診断し非抜歯で本格矯正による矯正歯科治療を開始しました。

治療期間:2年2ヶ月
治療費用:60万円

治療前の写真です。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

 

上顎の犬歯が八重歯の位置に生え始めています。
このまま放置すると前歯の両脇の歯(側切歯)にも悪影響がおよび側切歯の部分反対咬合を伴う八重歯になる可能性が強くなります。

治療後の写真です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

 

抜歯(第1小臼歯)を行うことなく、八重歯を主訴とする矯正歯科治療を完了することができました。
犬歯関係、臼歯関係、前歯の接触状態ともに良好で1対2歯でよく咬んでいます。

(非抜歯)埋伏した両側犬歯の治療/ M・A様

常滑市大野町在住 M・A様

MA様は以前通院されていた小児歯科で犬歯の埋伏を指摘されたものの取り扱いに苦慮され、矯正歯科治療の可能性の相談のため来院されました。両側の犬歯が萌出しないで上顎骨の上方に埋伏していました。そのため乳犬歯は脱落せず、永久歯の犬歯に交換されず晩期残存していました。また他の乳歯と永久歯の交換も遅れ気味でした。 レントゲン写真では上顎骨の深い位置に左右に犬歯の埋伏が認められ、乳犬歯の晩期残存の状態がわかります。

動的治療期間:6年(治療開始時:中学1年 治療終了時:高校3年

治療前の口腔内写真、レントゲン写真です。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

<治療前レントゲン左側>

<治療前レントゲン右側>

治療後の写真です。
ワイヤー、ブラケットの矯正装置をはずして動的治療を終了しました。
上顎右側の犬歯は歯列弓に取り込むことができました。
今後の治療は保定と経過観察となります。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

 

埋伏した犬歯の抜歯も考えられましたが最終的には注意深い経過観察の後、CT撮影を行い埋伏犬歯の部位を確認し開窓し、その他の永久歯列をアンカーに犬歯を牽引しました。

結果、当初の処置方針どおり永久歯を失うことなく矯正歯科治療(動的治療)を完了できました。

(非抜歯)上顎前歯の隙間治療/ I・S様

知多市佐布里町在住 I・S様 19歳女性

主訴:上顎前歯の隙間がとても気になる

アソアライナーによる前歯のみの部分矯正歯科治療を希望
臼歯関係は両側ともClassⅡで1歯対1歯の咬合状態です。
犬歯関係は両側ともClassⅡです。
骨格的には問題はありません。
舌、嚥下の悪習癖の存在が疑われます。

動的治療期間:8ヶ月  矯正治療費用:25万円

治療前の写真です。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    

 

アソアライナーによる上顎前歯部の部分矯正歯科治療を行いました。
アライナーにて隙間の閉鎖と歯の傾斜を改善して、隙間の閉鎖後犬歯と側切歯の間、側切歯と中切歯の間、中切歯と中切歯の間をストリッピングを行い上顎の前歯を後方に移動させるように処置方針を立てました。

治療後の写真です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

 

アソアライナーにて上顎前歯部のみの部分矯正歯科治療を行ないました。
前歯部に見られた隙間は閉鎖され、ハの字型に歯軸の傾斜していた中切歯は改善されました。
前歯部のストリッピングによって得られたスペースを利用して前歯を後方に移動させ上顎の前突感を改善しました。
今後は悪習癖に対応しの除去に努めることも重要な事柄です。

成人は悪習癖の除去が難しい場合もあり、子供のときから口呼吸、異常嚥下癖などに保護者の方は注意が必要です。

(抜歯)前歯の叢生・八重歯/ M・K様

常滑市小倉町在住 M・K様 16歳男性

MK様はお母様とともに矯正歯科治療の相談にて来院されました。
主訴は前歯のガタガタ(叢生)と犬歯が八重歯になりそうであるとの事。

ご本人の矯正歯科治療の強いご希望にて来院されました。

当院の治療の流れのとおり、初診の無料相談からMK様の口腔内写真、レントゲン撮影、
模型の採得を行い、MK様の診断を行なって抜歯の必要性など矯正歯科治療のために
考慮しなければならないことなどをご本人とお母様にお知らせして十分な説明の後、
矯正歯科治療を開始いたしました。

動的治療期間:小学6年から高校2年  矯正治療費用:60万円

治療前の口腔内写真です。
上顎の犬歯が上のほうに生えてき始めており八重歯になることが予想されます。
下顎の歯列弓も狭く萌出余地が少ないため狭く窮屈で前歯がガタガタ(叢生)の状態です

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    

治療後の口腔内写真です。
第2乳臼歯の永久歯への交換を待って、口腔内写真、正貌・側貌の顔面写真、レントゲン写真、模型を採取して診断の資料を元に第Ⅰ小臼歯を抜歯して矯正歯科治療を開始いたしました。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

 

MK様は矯正歯科治療の最初からとても協力的な患者様で順調に矯正歯科治療がすすみました。
ほぼ当初の処置方針どおり矯正歯科治療がおこなわれました。
犬歯関係、臼歯関係は良好(ClassⅠ)正中も一致しております。
ご本人、お母様もとても喜んでおられました。

(抜歯)上顎の八重歯・下顎の叢生/ N・M様

常滑市明和町在住 N・M様 16歳女性

NM様は当院へお母様がむし歯、歯周病の治療のために来院された際に
NM様の八重歯についてご相談を受け、来院されました。

来院前にお母様と十分相談されていたらしく、
すぐに資料採取を行い正確な診断を行い、治療を開始しました。

上顎の八重歯と叢生、下顎の叢生のために抜歯を行なって治療を開始しました。

矯正治療期間:2年(16歳から18歳)  矯正治療費用:60万円

治療前の口腔内写真です。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    

上顎の八重歯と下顎の叢生が主訴です。
正中のズレも気になります。臼歯関係は良好(ClassⅠ)です。

治療後の口腔内写真です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

 

臼歯関係が良好であったため、犬歯関係のClassⅠを達成することにつとめて治療しました。
正中のズレも補正され改善しています。
抜歯ケースでしたが治療期間も治療前の処置方針よりも短く、
短大進学にも間に合い、NM様にも喜んでいただきました。

非抜歯による叢生/ S.T様

常滑市大野町に在住の患者様で主訴は「叢生」となります。
非抜歯にて治療を行っております。

矯正治療で歯並びが改善されております。
非抜歯にて叢生が改善されたため、お喜びいただきました。

矯正治療期間:2年 矯正治療費用:60万円

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

上顎前突・翼状捻転/ T.M様

常滑市小倉町在住のT.M様の症例をご紹介いたします。
主訴は上顎前突・翼状捻転です。

治療期間は2年3ヶ月です。
本格矯正で、抜歯症例上顎第一小臼歯抜歯(左右2歯)いわゆる2級仕上がりです。
歯並びが改善し、お喜びいただきました。

矯正治療期間:2年3ヶ月 矯正治療費用:60万円

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(抜歯)八重歯・叢生の治療/ S.S様

常滑市大野町よりご来院いただきましたS.S様の症例写真となります。
八重歯・叢生で、抜歯での治療です。

2年5ヶ月の治療期間で完了となりました。
矯正歯科治療により八重歯・叢生が改善され、歯並びが整いました。

矯正治療期間:2年5ヶ月 矯正治療費用:60万円(消費税込)

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(非抜歯)叢生の治療/ S.T様

常滑市大野町よりご来院いただきましたS.T様。
主訴は叢生で、非抜歯治療です。

矯正治療で叢生が改善され、美しい歯並びとなりました。

矯正治療期間:2年3ヶ月 矯正治療費用:60万円

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(非抜歯)開咬と空隙歯列の矯正治療/I.K様

常滑市本郷町よりご来院いただきましたI.K様の症例写真です。
開咬と空隙歯列の成人矯正で、非抜歯で治療を行いました。

約二年で治療が完了いたしました。
治療により、前歯の空隙が改善しております。

矯正治療期間:1年8か月 矯正治療費用:60万円

   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

(非抜歯)矯正歯科治療/E.M様

こちらは先日(2016年9月)、矯正歯科治療を終えたE.M様の症例写真です。
知多市 新舞子よりご来院いただき、非抜歯で治療を行いました。

矯正歯科治療を行った結果、治療前・後を比べると特に上の前歯が綺麗に整っているのが分かります。
また、全体的に隙間のない整った歯並びとなっています。

矯正治療期間:2年1ヵ月 矯正治療費用:60万円

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(抜歯)八重歯の治療/K.W様

知多市日長よりご来院いただきました。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(非抜歯)上顎前突の治療/Y様

半田市成岩町よりご来院いただきました。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(抜歯)叢生の治療/A様

半田市宮本町よりご来院いただきました。

   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

(非抜歯)八重歯の治療/I・M様

常滑市奥条よりご来院いただきました。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

(上顎第一小臼歯抜歯)上顎前突・翼状捻転・叢生の治療/K・M様

常滑市榎戸町よりご来院いただきました。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

成人上顎前突の治療/I・M様

常滑市蒲池町よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

叢生の治療/S・K様

名古屋市緑区よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

八重歯の治療/M・E様

知多市よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

叢生の治療/K・E様

知多市よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

成人上顎前突の治療/H・K様

知多市よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

八重歯の治療/R・M様

常滑市よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

反対咬合の治療/T・W様

知多市よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

小児矯正 治療例

叢生(T4K・マイオブレイス治療)/T様

常滑市久米在住 T様(11歳女子)
T様は「乳歯の生え変わるのが遅れて、上の左の前歯がなかなか生えてこないのと下の前歯が生え変わってきたのだが
永久歯がガタガタになって生えてきそうで心配だ」と言う主訴でお母様と来院されました。

お口の中の検査につづいてレントゲン撮影をおこない前歯のチェックをおこないましたが
後継の中切歯は存在しておりましたが右側の側切歯が先天的に欠如していました。
また問診により以前乳歯をつよく打って歯髄壊死を起こしており、歯髄処置をされておりました。
前歯の骨性癒着などで萌出が遅れている可能性もありました。下顎の前歯に叢生がみられます。

初診後資料採取を行ない、下の前歯の改善を期待してお母様の要望もありT4Kトレーナーを使用することになりました。
T4KとマイオブレイスのK1を使用しました。

T4Kトレーナー使用前
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

導入には最も基本的なT4Kを使用してもらいました。
なるべくおきているときにトレーナーを使用してもらい口呼吸から鼻呼吸を意識させ、「あいうべ体操」を行なうように指示しました。
治療の途中側切歯の先天性欠如のための前方への拡大と舌を安定的位置に収めるために一時的にBWSを採用しました。

 

11ヶ月経過

初診時より11ヶ月経過のお口の中の状態です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

まじめに取り組んでいる様子がうかがわれ、下顎の前歯の叢生は現時点では改善がみられます。
今後は乳歯から永久歯への交換について交換時期、交換順序などを観察や対応が必要です。

上顎前突、過蓋咬合、下顎前歯叢生(T4K・マイオブレイス治療)/K様

常滑市小倉町在住 K様(10歳男子)
K様は「上の前歯が出ていて、かみ合わせると下の前歯が上の前歯に隠れてしまい見えないのと
下顎の前歯が斜めになって生えてきている」と言う主訴でお母様と来院されました。

いわゆる上顎前突と過蓋咬合です。
上顎中切歯の大きさが大きくやや翼状捻転しています。下顎の前歯に叢生がみられます。

初診後資料採取を行ない、診断時に拡大床の使用をすすめましたが装着時間の問題でT4Kトレーナーを使用することになりました。
上顎前歯の前方への突出具合からマイオブレイスのK1を使用しました。

マイオブレイスK1使用前
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

上下の咬み合わせの問題を改善するためにマイオブレイスを寝る前に必ず1時間以上の使用と
機能訓練のお話を来院のたびに確認し行なっていただいております。

8ヶ月経過

初診時から8ヶ月経過のお口の状態です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

上下のかみ合わせは改善しつつあります。上顎の前歯に隠れていた下顎の前歯も見えてきました。
診断時の犬歯から犬歯の歯列弓の幅が不十分です。
下顎の叢生は乳犬歯と第2乳臼歯が抜けたことによりやや改善傾向にあります。

今後、永久歯の交換について注意深い観察とマイオブレイスのさらなる使用が必要です。

上顎前突、過蓋咬合(T4K・マイオブレイス治療)/S様

常滑市あすか台在住 S様(10歳男子)
S様は「上の前歯が出ていて、かみ合わせると下の前歯が上の前歯に隠れてしまい見えない」と言う主訴でお母様と来院されました。

お父様の歯並びの状態によく似ているそうです。いわゆる上顎前突と過蓋咬合です。
上顎の混合歯列には十分な余裕があり、前歯にはややスペースが残っており乱れはありません。
下顎の混合歯列にも乱れはなくならんでいます。

T4Kトレーナー使用前
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

上下の咬み合わせの問題を改善するためにT4Kトレーナーを使用すると同時に機能訓練を行ないました。

S様はしっかりとT4Kトレーナーを使用していただきました。
機能訓練はすぐに効果があらわれるものではありませんが、当院の指示をよく守っていただいております。

8ヶ月経過

初診時から8ヶ月経過のお口の状態です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

上下の前歯の咬みあわせが正しい位置に改善されつつあります。正中のズレもありません。
しかしまだ臼歯部には乳歯がありますので、今後の乳歯の交換順序や交換時期などを考慮に入れて
T4Kトレーナーの使用と機能訓練を継続します。

反対咬合の治療/K.M様

患者様は小学校の4年生の女子でお母様と一緒に来院されました。
お口の中の診査としてむし歯のあるなしの検査、歯肉の一般検査を行い、
矯正歯科治療の診断に必要な口腔内写真、正貌、側貌の写真撮影、レントゲン写真撮影を行い、模型の採得を行いました。

上顎の歯列弓が狭く、右側の脇の前歯(側切歯)が捻転しています。
下顎の歯列弓も狭く、顎のずれが見られ、いわゆる反対咬合でした。
かみ合わせが浅く父親が反対咬合なので遺伝的要因があり、注意が必要です。

上下顎の前歯の切端が接触できる(構成咬合)ので主訴の改善のために機能的反対咬合のことも考えて
取り外しのできる機能的顎矯正装置のビムラーアダプターにて治療を開始しました。

治療前
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   
治療開始

食事の時以外、終日ビムラー(顎機能矯正装置)を装着していただき比較的短い時間で前歯部の反対咬合は改善されました。
しかし下顎成長発育が予想され上顎の歯列弓が狭くかみ合わせが反対咬合のかみ合わせとなると思われました。

すべての永久歯への交換が進み上顎の歯列弓が狭いため八重歯の不正咬合が現れてきました。
すべての歯にブラケット(ブレース)をつける前に急速拡大装置により歯列弓の拡大を行います。

上顎の矯正歯科治療を先におこないます。

本格矯正に入ります。
上下014ニッケルチタンワイヤーにてレべリングを開始してすすめます。

016×016ステンレススチールワイヤーを装着して治療を進め、
016×022ステンレススチールワイヤーにて仕上げ治療に入ります。

父親が反対咬合で遺伝的要素があり八重歯の不正咬合を伴う骨格性反対咬合でしたが混合歯列期から治療を継続して、
継続的に状態を観察できたことや女性であったこと、患者様、お母様のご協力で反対咬合の治療ができました。

治療期間:永久歯の交換完了から2年3ヶ月

治療費用:60万円

治療後
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

反対咬合の治療/K.A様

K.A様はお母様からのお電話での相談で前歯に余分な歯(過剰歯)があり、歯を抜いたとのこと
今後反対咬合になる可能性をかかりつけの歯医者さんから指摘されました。

患者様は小学3年生 男子、ご家族に反対咬合の方はおらず、遺伝的要素は低いようです。
口腔内診査を行い、口腔内写真、正貌、側貌、レントゲンの撮影をおこない、診断用模型を採得いたしました。
乳歯列時の前歯の状態、過剰歯の位置などがわかりませんが、
咬みあわせが浅く、舌の位置が低い位置にあり難易度がやや高く感じられました。

お母様とのお話し合いの結果、主訴の反対咬合の前歯のかみ合わせを改善することを目標に治療を開始しました。

治療前

前歯の過剰歯があったと思われる部位の上顎左側中切歯の萌出がおくれています。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

前歯の咬みあわせが反対咬合になっています。
かみ合わせが浅く、下顎の歯列弓には叢生がありません。

治療開始
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

治療用装置は床型矯正装置のパラレルタイプの拡大床に補助弾線の付いたものを使用しました。
上顎の顎を拡大しながら、補助弾線を調整、活性化して前歯の反対咬合を改善していきます。

治療後
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

上顎前歯の反対咬合は改善されました。
最初、患者様は取り外しのできる床型矯正装置に抵抗があり、思ったように改善されず、
固定式の装置への変更も考えた時期がありましたがご本人のがんばりで治療がすすみました。
お母様と今までの治療経過と治療結果を説明し、今後の本格矯正の可能性をお話しました。
左側犬歯がまだ上方の位置にありますが側切歯との間にスペースがあり
第1小臼歯と第2小臼歯の間にもスペースがあるためご家族の希望もあり、経過観察に入ります。

治療期間:小学3年より小学6年永久歯への交換が終了するまで

治療費用:20万円

矯正治療中はむし歯が発生したり、歯肉炎が悪化する可能性があります。
矯正装置の損傷に気がつかず頬などお口の中の軟組織を傷つける可能性もあります。

第2乳臼歯を利用した矯正歯科治療/T.S様

T.S様はT.S様のかかりつけの歯科医院様からのご紹介で来院されました。

主訴は前歯がハの字に傾き、隙間もあり、前方にでているいわゆる出っ歯がとても気になるとの事でした。
さらに下顎の第2小臼歯が先天的に欠如しており将来的に大きな問題となることが予想されました。

患者様ご本人と患者様のお母様と十分に話し合いを行いレントゲン検査の結果を踏まえて、
後継永久歯(下顎第2小臼歯)の欠如のまま、残存している第2乳臼歯を利用して矯正歯科治療を行うこととしました。

混合歯列期の治療対象は各々の歯のならびではなく、成長発育期であるためそれを利用して
骨格、機能、習慣(習癖)などが治療対象となります。そうは言っても患者様の主訴をすこしでも改善するため
前歯、第1大臼歯に一時的にブレース(ブラケット)を付けワイヤーにて歯列を改善いたしました。

その後顎機能装置のひとつであるバイオネーターによる治療を開始いたしました。

治療前の口腔内写真
       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   

混合歯列期に取り外しのできる顎機能矯正装置のバイオネーターを使用し成長発育を利用して治療を開始しました。

その後永久歯の交換までバイオネーターにより歯科矯正治療を続け、
永久歯列期に全顎にブレースを付けてワイヤーによる本格矯正を開始いたしました。

治療後の口腔内
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

上顎の第1,2小臼歯に対向する下顎の第2乳臼歯は
本来の下顎第2小臼歯に比べて歯の幅がひろいため咬みあわせが不安定となりますが、
犬歯関係、臼歯関係は良好(ClassT)で1対2歯でよく咬んでいます。

今後は下顎第2乳臼歯の取り扱いに注意を要します。
患者様にとりまして最良の方法を考慮しながら保定、定期観察をいたします。

治療経過の写真を提示します。

治療前の口腔内写真
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

治療中の口腔内写真と解説
   

<ワイヤー治療初期 左>

 

<ワイヤー治療初期 正面>

 

<ワイヤー治療初期 右>

この時期の治療対象は各々の歯の不正ではなく骨格、機能、習慣ですが
患者様の主訴の改善をすることは色々な面から大切であると考えます。

   

<バイオネーター 左>

 

<バイオネーター 正面>

 

<バイオネーター 右>

取り外しのできる顎機能矯正装置、バイオネーターにより成長発育を利用して骨の柔らかい時期に治療を継続いたします。

   

<本格矯正前 左>

 

<本格矯正前 正面>

 

<本格矯正前 右>

混合歯列期から乳歯から永久歯への交換が終了して永久歯列となりました。
ブレース(ブラケット)をつけてワイヤーにて本格矯正にうつります。

   

<ワイヤー治療後期 左>

 

<ワイヤー治療後期 正面>

 

<ワイヤー治療後期 右>

上下顎に0.14インチの細い断面の丸いニッケルチタンワイヤーを使用してレベリングの治療を開始いたします。
その後、断面の四角の0.16×0.16ニッケルチタンワイヤー、0.16×0.16ステンレススチールワイヤーへとサイズアップし
調整をくわえながら歯科矯正治療をすすめていきます。

治療後の口腔内写真
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

T.S様はお母様と来院され、長期にわたる治療にもかかわらず、必ず矯正歯科治療のお約束の時間に来てくださり、
1期治療から2期治療への移行もとてもスムーズに矯正歯科治療を行うことができました。

今後は晩期残存している第2乳臼歯の状態を観察しながら定期健診をおこなっていきます。
むし歯、歯肉炎などの歯周病の予防に関しましては、ご紹介をいただきました、かかりつけの歯科医院様にお願いいたしました。
なお常滑市市場町在住のT.S様のお姉様のT.M様もT.S様の矯正歯科治療の途中より矯正歯科治療を行い、動的治療を完了されております。

動的治療期間:小学4年より中学2年
治療費用:60万円

正中離開 翼状捻転の治療/A.N様

常滑市瀬木から来院いただきました。
小児矯正の上顎中切歯 正中離開 翼状捻転症例です。

治療開始日 平成27年1月27日

顎中切歯の正中離開と翼状捻転を主訴として来院されました。
将来は生えてくる永久歯の萌出余地を獲得するため拡大スクリューの組み込まれた
床型の矯正装置(取り外しの可能な装置)を使用して治療しました。
唇側弧線(ラビアルボー)と補助スプリングにて主訴の改善も行ないながら治療しました。

治療期間:2年10ヶ月(永久歯の交換完了まで)
矯正治療費用:20万円

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   
   

<治療中左>

 

<治療中>

 

<治療中>

上顎の拡大が行なわれて、下の前歯の軽い叢生も改善されました。

前歯の咬みあわせがやや深く、右側の臼歯関係はclass1、左側の犬歯はclass2傾向です。
側方歯の咬みあわせが不安定ですが、お母様に現在の状態を報告し、
一旦矯正歯科治療を終了し経過観察にはいります。

治療後の写真です。

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

反対咬合の治療/A.A様

常滑市小倉町から来院いただきました。
小児矯正の反対咬合症例です。

矯正治療により、正しい咬みあわせへ改善いたしました。

矯正治療費用:20万円

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療前下側>

   
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
   

<治療後下側>

   

反対咬合の治療/S.K様

常滑市久米よりご来院のSK様の症例写真です。反対咬合の治療で、小児矯正のみで終了となりました。
反対咬合が解消され、審美的にも改善いたしました。

矯正治療費用:20万円

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

部分反対咬合の治療/H.A様

常滑市青海町よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

過剰歯の治療/H.O様

常滑市青海町よりご来院いただきました。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

叢生の治療/M・K様

名古屋市緑区よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

反対咬合の治療/M・Y様

常滑市西之口よりご来院いただきました。

   
<治療前左>   <治療前正面>   <治療前右>
       
<治療中で 矯正装置を装着したところ>
   
<治療後左>   <治療後正面>   <治療後右>

空隙歯列 部分反対咬合の治療/R・A様

常滑市小倉町よりご来院いただきました。

       
   

<治療前上側>

   
   

<治療前左>

 

<治療前正面>

 

<治療前右>

       
    <治療前下側>    
       
   

<治療後上側>

   
   

<治療後左>

 

<治療後正面>

 

<治療後右>

       
    <治療後下側>    

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談