久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【歯医者の豆知識】歯科の治療前の検査はとても大切です

【歯医者の豆知識】歯科の治療前の検査はとても大切です

愛知県常滑市の歯科、矯正歯科 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

治療の前の検査について

2262578_s.jpg
 
常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院では、初診で来院されると、まず歯で患者様の困っていること(主訴)をお伺いしてレントゲン検査など必要な検査の後、応急的な処置をいたします。痛み、腫れなどがなくなったら改めてしっかりとお口全体の検査を行います。
 
しっかりと検査を行い現在の患者様のお口の中の情報を得て、お口の中の状態を知ることは確かな診断とお口全体のバランスを考えた治療や患者様の気づかない疾患の早期発見、全体的な医療費の抑制につながります。
 

主な検査の種類と目的

 
レントゲン撮影による検査
1266085_s.jpg
 
歯と歯の間のむし歯や歯周病、歯を支えている骨(歯槽骨)の状態、かみ合わせの状態、親知らずの位置、方向などをチェックします
 
歯茎の検査(歯周病の基本的検査)
 
歯周組織の健康度、炎症の程度などがわかります
 
目盛りの付いた専用の道具(プローブ)で歯周ポケットの深さを1歯ごとに計ります。
 
歯周ポケットの深さの検査
 
動揺度(歯の揺れ)の検査
 
歯ぐきからの出血の検査
 
歯垢の付着をチェック(口腔清掃状態)
 
模型の採得、製作
 
型取りを行い、模型を作ってかみ合わせと歯ならびの状態を詳しくチェックします。
 
歯の裏側、お口の中の見えない部分、状態を観察することができます。
 
口腔内写真の撮影
 
歯をかんだ状態で正面、左右側面、お口をあけた状態で上顎と下顎の5枚の口腔内写真を撮影します。
 
それに加えて正貌、側貌、斜位の写真を追加する場合もあります。
 
治療開始の状態を記録しておくことでその後の治療効果の評価ができます。
 
患者様に本人のお口の中の写真をお見せしてブラッシングなどのセルフケアのモチベーションにも使用します。
 
模型と組み合わせて診療時間以外に治療の処置方針をたてる助けにもなります。
 
治療前の検査はとても大切です
痛みの無い健診.jpg
 
検査をしないとわからない歯周病やむし歯の部位があります。
 
歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどありません。
 
隣り合っている歯と歯のむし歯は自分でみていてもわかりません。
 
わかる頃にはむし歯が重症化している場合も多くあります
 
詰め物や被せものと歯との境目にむし歯が発生した場合、詰め物が取れてきてからでは思わぬむし歯が重症化していることもあります。
 
歯の根にひびが入っていたり、割れてしまった場合腫れてからでは歯を抜く可能性が高くなります。
 
神経(歯髄)を取って治療した歯は根の先に異常があっても自覚できません
 
しっかりと検査をすることで確実な治療を受けることができます
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談