久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 叢生の治療例(常滑市住吉町在住K.T様)の報告・その1

叢生の治療例(常滑市住吉町在住K.T様)の報告・その1

常滑・知多市の歯科、矯正歯科 久野歯科医院です

了解を頂きました主に常滑市・知多市のご在住の患者様の矯正歯科の治療経過をとおして処置方針、治療期間、治療費用などをお知らせいたします。

どのように治療がすすんでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります

叢生の治療例の報告(常滑市在住K.T様)その1 非抜歯症例

患者様の概要

松野茜術前正面.JPG

患者様は常滑市住吉町在住の25歳 女性 K.T様です  

K.T様は上顎の前歯のガタガタが気になるということで矯正歯科相談に来院されました。

無料相談にてお口の中を拝見し、簡単な感想をお話して、K.T様の主訴、ご希望をお聞きしてご質問にお答えしました。

抜歯の必要性についてもお話ししました。

その後、抜歯の必要性、抜歯の有無を含めて診断を行うために口腔内写真の撮影、顔面写真(正貌・側貌)の撮影、レントゲン撮影、研究用の模型の採得を行いました。

むし歯、歯周病の基本検査ではむし歯はなく、歯肉の炎症や検査による出血もなく歯周組織も健康でした。

処置方針について

診断の結果、現在の右側の臼歯関係はClass1、犬歯関係はClass2、左側の臼歯関係はClass1、犬歯関係はClass1でした。

上下顎前突の傾向がありますが、現在の横顔は悪くありません。

抜歯か非抜歯か境界線上の症例ですが、患者様の主訴は叢生で非抜歯での矯正歯科治療を望んでおられたので非抜歯での本格矯正歯科治療

を処置方針としました。

レントゲン写真のパノラマ画像にて下顎の第3大臼歯(親知らず)が横になって埋まっているので親知らずの抜歯のタイミングは治療の途中になるか動的治療完了後になるか治療を開始してなるべく早いうちに判断しようと思います。

当院での標準的なメタルスロットの透明なプラスティックブラケットを使用する予定です

松野茜術前.jpg

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談