久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

矯正歯科治療にも力を入れている久野歯科医院です

皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします

笑顔9.jpg

 

もう一つの部分矯正:エクストルージョンで歯の根を救う

 
むし歯で歯冠(歯の部分)部を大きく失ってしまったり、以前に治療した歯の修復物が、はずれて取れてきてしまった後、再びむし歯になって(2次カリエスといいます)健康な部分を大きく失ってしまったりすると、歯の根の部分のみが残った状態になってしまいます。
 
いわゆる残根状態です。
 
残った歯の根の辺縁は歯ぐきの下にあり、歯肉が増殖して歯が埋まっているときもあります。
 
重症の場合にはむし歯が歯槽骨の下にまで拡がり健康な歯質は歯槽骨より下にしかないこともあります。
 
そうなった場合には残念ながら抜歯を考えなければなりません。
 
しかし犬歯のように歯の根が長くかみ合わせの鍵となる歯はできる限り抜かずに利用したいと歯科医は思っています。
 
そこで残根状態にある歯の根を隣り合っている歯を固定源(アンカー)にして牽引して、健康な歯質を引っ張り出し、歯肉より上に健康な歯質が存在するように歯根を移動させることをエクストルージョンと称しています。
 
エクストルージョンを行なうことにより健康な歯質に歯冠修復物(被せ物)の端を設定できて、修復物が長持ちします。
 
エクストルージョンの手法は抜歯やインプラントのための前準備に使用されたり、歯周病で骨のなくなってしまった部分の骨造成に役立ったり、硬く抵抗性のある付着歯肉を増加させたりと非常に有効な方法ですが、歯根の長さが十分あり、歯槽骨の造成に適した口腔内環境が必要です
 
常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院では患者様のお口の中の環境に応じて、咬合の要になる歯に患者様に説明してエクストルージョンを行なっています。
 
エクストルージョンを適用した患者様の治療経過の報告をいたします。
 
方向性.jpg
 

知多市からも近い久野歯科医院です

皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします

リラックスの方法

リラックス1.jpg
 
ストレスの解消にはリラックスすることが大切です。
 
ストレスはいろいろな方面に悪影響を及ぼします。
 
歯科に関係してくるのは顎関節症、かみしめ(クレンチング)などのブラキシズム、TCH, 歯周病、ドライマウスなどの疾患があげられます。
長期にわたるストレスは自律神経に影響を与え、肉体だけでなく脳全体を疲弊させます。
 
「身心一如」という言葉があります。
 
体を休め、リラックスさせることで精神的な疲労も和らいでいきます。
 
常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院では次のリラックスの方法をおすすめしています。
 
首のストレッチ
 
1.後頭部から両肩の筋肉を伸ばすように前方へ頭を傾けます。
 
顎の先が鎖骨中央部に接するようなイメージで行ないます。
 
その状態を息を止めずに20秒~30秒ぐらいキープします。
 
後頭部から両肩の筋肉が伸びてくるのが自覚できると思います
 
2.今度は逆に下顎の下から首のもとの筋肉を伸ばすように後方に頭を傾けます。
 
頭のてっぺんを背中につけるようなイメージで行ないます。
 
その状態を息を止めずに20秒~30秒ぐらいキープします。
 
3.首を横に傾けます。
 
傾けた方の手で頭の横を引っ張るようにして肩から首筋の筋肉を伸ばします。
 
やはりその状態を息を止めずに20秒~30秒ぐらいキープします。
 
首筋の筋肉が伸びてくるのが自覚できると思います。左右でおこないます
 
筋弛緩法
 
リラックス3.jpg
 
筋弛緩法は筋肉を緊張させてから緩めることを行なうエドモンド・ジェイコブソン博士が考案した身心のリラックス法です。
 
体の一部分に意識的に継続的に力を入れて、力をすっと抜きます。
 
力が抜ける感覚を感じることが大切で、常日頃の生活の中での緊張度が自覚できます。
 
休み時間に行なったり、特に寝る前に毎日の習慣となるように行なうと効果的です。不眠治療にも応用されています。
 
肩、首の筋弛緩法
 
肩をすくめるように、体の中に首を入れるようなイメージで力をいれます。
 
この状態で5秒~6秒ほどキープします。肩をストンと落とすように肩の力をぬき、脱力します。力の抜けた状態を自覚します
 
自律訓練
 
自律訓練はシュルツ博士が考案した身心のリラックス法です。
 
姿勢をつくり、鼻から息をゆっくりと吸って口から長く細く息を吐きます。
 
この深呼吸を10回~20回おこない自律訓練の準備を行ないます。
 
背景公式言語「気持ちが落ち着いている」から第Ⅰ公式言語「両手両足が重たい」第2公式言語「両手両足が暖かい」までで十分体の身心のリラックスはできると思います。
 
顎関節症、クレンチング、TCHなどの方は第2公式言語まで行なった後に特殊練習として「唇は閉じて、歯は離す」などの言葉を自己暗示に使います。
 
不眠には寝る前に筋弛緩法の後応用すると入眠に役立ちます。禁煙にも応用が可能です
 
自律訓練はとてもよい身心のリラックス法ですが身に付くまでに2ヶ月~6ヶ月かかります。
 
頭ではわかっていても実行するには比較的ハードルの高いリラックス法かもしれません。
 
しかし今のストレスなどを受けている現状を打破したいと思われている方、不定愁訴が長くつづいている方、薬の量を減らしたい方などには有効なリラックス法であるとおもっています。
 
自律訓練に先立ってストレッチと筋弛緩法を行なうと自律訓練にスムーズにはいっていくことができるでしょう。
 
詳しくは当ホームページのコラム「ストレスを取り除く身心健康法 自律訓練」を参照お願いいたします。
 
リラックス2.jpg
 
 
 
患者様にご負担の少ない歯科治療に努めています   久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

ブラキシズムとは

ストレス1.jpg
 
一般的には「歯ぎしり」といわれていますが「歯ぎしり」にはグラインディング(咬んで横に動かす)、クレンチング(かみしめ)タッピングなどがあります
 
ブラキシズムは年齢や性別に関係なく発生し、被せ物の破折や歯根破折、歯頚部の楔状欠損、知覚過敏、歯周病の悪化、などや顎関節症、むし歯の原因でない歯痛、舌の痛みなどお口に中にさまざまな障害をもたらします。
 
ブラキシズムは睡眠時と覚醒時に分けられます
 

睡眠時ブラキシズムについて

 
睡眠の深さの程度によって筋肉の緊張度に変化がおこり、睡眠中に咀嚼をしているような顎の動きが発生します。
 
咀嚼をしているような顎の動きが睡眠時のブラキシズムに大きく関わっています。
 
この動きが発生する前に脳波の活動が増加して心拍数や呼吸数も増加するので、この動きは脳から指令で行なわれていると思われます。
 
以前に言われていたような不正咬合や歯の早期接触が原因でブラキシズムが起こることは最近では否定されているようです。
 
睡眠時ブラキシズムに関係する因子
 
睡眠時ブラキシズムに関係すると考えられる因子には
 
・遺伝
 
・睡眠時無呼吸などの睡眠障害
 
・ストレス、胃液の食道への逆流などの身体、精神疾患
 
・お酒(アルコール)やコーヒー(カフェイン)などの嗜好品
 
・うつ病などに使われる薬物
 
などがあります
 

覚醒時ブラキシズムについて

 
覚醒時ブラキシズムはTCHのことである
 
TCHとは
 
上下の歯が接触している状態をTooth Contactといい、上下の歯が接触している状態が続いていることをTooth Contacting、Tooth Contactingが日常化して生活習慣に定着してしまったものがTooth Contact Habit,TCHです。
 
長時間の食いしばり(クレンチング)は不可能と考えられますが、明らかなクレンチングの患者様もなかにはいらっしゃいます。
 
TCHの原因について
 
デスクワーク中やスマートホンの操作をしている時はうつむき加減の姿勢をとり、下顎がやや前方に移動するので上下の歯が接触しやすくなります。
 
持続的な前歯の接触は歯根膜を伝わり咬筋を反射的に活動させます。
 
咬筋の活動性が上昇して筋肉の収縮が長くつづくことによりTCHに発展していくと考えられています。
 
ストレス、集中、強い緊張などによっても咬筋の活動性が上昇します。
 
ストレス2.jpg
 

睡眠時のブラキシズムの影響

 
歯のエナメル質の歯折、歯根破折や被せ物・詰め物、入れ歯の破損を発生させます
 

TCHの影響

 
顎関節や筋肉(咀嚼筋)、歯周組織などは長い間持続する力に影響され、TCHは顎関節症に関係する因子となっている可能性が高いと考えられます
 

ブラキシズムの治療について

 
レベルダウン
 
ブラキシズムがあってもブラキシズムの力の大きさ、持続時間、頻度力の集中などをコントロールして、ブラキシズムが害を起こさないレベルに抑えることがたいせつです
 
睡眠時ブラキシズムのコントロール
 
睡眠中の力のコントロールは難しいので歯ぎしり防止装置(ナイトガード)の装着、ストレスの軽減のためのリラックス、ブラキシズムを起こしている原因疾患の改善などがあります
 
覚醒時ブラキシズム、TCHのコントロール
 
デスクワーク、スマートホンの操作などのときのような日常習慣的な持続的な歯の接触に自分自身が気づく事が大切です
 
3ステップで行動変容法を用いる
 
1ステップ 理解させる
 
TCHとはどういうものかをわかってもらいます。上下の歯が接触することで筋肉の動き、活動があることをお知らせします
 
2ステップ 気づかせる
 
自分なりの合図、サインをきめておき、その合図によって上下の歯の接触の確認をおこないます。歯の接触を確認したら深呼吸をして全身の力を抜くようにします
 
関連記事:リラックスの方法について
 
3ステップ 繰り返し行なう
 
前の2ステップを繰り返しおこないます。次第に合図がなくても上下の歯の接触に気づくようになってきます
 
 
笑顔10.jpg
 
 
TCHはストレス社会から発生することが多い疾患です
 
TCHは顎関節症に関係する因子のひとつで筋肉の痛みの原因にもなっています。
 
歯周病を悪化させる因子としても考えられています。
 
現在のストレス社会ではパソコンのモニターを見ながらのデスクワークやスマートホンの使用頻度の増加で今後ますます増えていく疾患になることが予想されます
 
 
不正咬合で、お悩みの方へ 常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。
 
皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 
了解をいただきました主に常滑市・知多市のご在住の患者様の矯正歯科の治療経過を通して処置方針、治療期間、治療費用、治療に伴う副作用などについてお知らせいたします。
 
どのように治療が進んでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります。
 

常滑市在住の y.m様     女性21才   八重歯と叢生    抜歯症例

美奈子014ni.JPG
 
治療経過
 
上顎の左右の第Ⅰ小臼歯の抜歯を行ない、上顎のレベリングを開始しました。
 
上顎左側の脇の歯(側切歯)が部分的に反対咬合になっています。
 
上顎左側側切歯が正常咬合になると下顎が下がる可能性があるので上顎の矯正歯科治療を先行させます。
 
下顎の第Ⅰ小臼歯の抜歯が必要かどうかはその後、判断します。
 
上顎に装着する最初のワイヤーは断面の丸い0.14ニッケルチタンワイヤーで、ワイヤーの半分の唇側部分にホワイトコーティングが施してあるエステッティックワイヤーです。
 
前歯には当院の標準的なプラスティックのブラケットでシルバースロットのクリアブラケットを使用しています。
 
y.mさまは先にご報告いたしました
 
w.rさまと同じようにセラミックブラケットとエステッティックワイヤーで治療をご希望していますが、今後のブラケットポジションの変更を考慮してw.rさまと同様にクリアブラケットで矯正歯科治療をスタートします。
 
上顎第1大臼歯には固定源としてナンスのホールディングアーチという装置が装着されています。
 
使用材料について
使用ブラケットは6前歯部にはデンツプライ・シロナのクリアブラケット・シルバースロット、ロスのセットアップ、小臼歯部にはTPジャパン社のIn Vueセラミックブラケット、第Ⅰ大臼歯にはトミー社製のコンバーチブルのダブルチューブ、第2大臼歯にはトミー社製シングルチューブを使用しました。
 
使用ワイヤーはTPジャパンの0.14インチニッケルチタン・エステッティック・ラウンドワイヤーを使用しています
 
美奈子014全景.jpg
 
 
矯正歯科治療のご相談をお受けします  久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

舌側矯正(リンガル矯正)のいいところとよくないところ

 
舌側矯正はリンガル矯正、裏側矯正などとも、いわれ舌側矯正専用のブラケットを歯の裏側につけて行う矯正歯科治療の一つの方法です。
 
笑顔7.jpg
 
患者様には魅力的?
 
患者様にとって舌側矯正のいいところは、思春期患者で表側のブラケットを使用する通常の矯正歯科治療よりむし歯になりにくいという報告がヨーロッパであり、その他、舌癖が防止できるなど色々言われていますが「矯正装置が見えないこと」が唯一のいいところだと思っています。裏側にブラケット、ワイヤーなどの装置がすべて付くので全く外観からは見えません。
 
患者様にとっては矯正歯科治療をためらう大きな問題が舌側矯正によって解決できるのです。
 
患者様には非常に大きな魅力です。
 
マイナス面は
 
一方、問題点もあります。
 
・矯正歯科治療を担当する歯科医師にとって歯の動きのコントロールが難しい。
 
・ブラケットにワイヤーを結さつするなどの処置に時間がかかる。
 
・適応症に難がある。
 
・一回の治療時間が長くかかることは患者様にとって、医師にとっても負担がかかります。
 
・当院は以前の経験からフルデジタルによるカスタム舌側矯正を採用しているためカスタムブラケット、カスタムワイヤーの製作に時間が6週間ほど必要です。
 
費用がかかる
またオーダーメイドとなりますため、コストの面で費用がおおくかかります。
 
ケースにもよりますが、インプラントによるアンカースクリューを積極的に利用することもかんがえなければなりません。
 
患者様に負担していただく治療費用が高額になってしまうこともよい点ではありません。
 
ときには舌側矯正の部分矯正の問い合わせが患者様からありますが、当院ではフルデジタルによるカスタム舌側矯正を採用しているためカスタムブラケット、カスタムワイヤーの製作に本格矯正と同様の時間と費用がかかります。
 
歯を移動させるためには歯を移動させるスペースが必要でスペースをつくるためには歯と歯の隣り合わせの部分を少量削るストリッピングという操作が必要となります。
 
臼歯のかみ合わせに問題がなく軽い叢生であればマウスピース(アライナー)での矯正を考えてもよいかもしれません。
 
舌側(裏側)矯正、マウスピース(アライナー)矯正を希望する患者様も一般的な表側からの矯正治療と同様に安易に考えることなく、矯正歯科治療をうける少しの勇気と覚悟が必要だと思います。
 
リンガルブラケット1.JPG
 
 
目立たない矯正歯科治療で自然な笑顔を!お気軽にご相談ください  久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします   
 

女性に人気のマウスピース矯正、いいところと、よくないところ

笑顔8.jpg
 
常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院にも女性からの見えない矯正装置のマウスピース矯正に関して相談・問い合わせが多くあります。
 
当院ではアソアライナーを使用しています。
 
アソアライナー(クリアアライナー)は患者様一人一人のためにオーダーメイドで透明で薄く審美的に優れた矯正治療用装置です。
 
ブラケットやワイヤーによる矯正歯科治療に抵抗を感じる患者様にも受け入れられやすいかと思います。
 
アソアライナーのいいところ(メリット)は
 
・透明だから目立たなく、きずかれにくい
ブラケット、ワイヤーを使用しないので矯正歯科治療をしていることを周囲の人に気づかれにくいです
 
・とりはずしができる
食事の時やブラッシング時、或いは仕事などでどうしてもはずさないといけないときはとりはずすことができます。
 
口腔セルフケアが十分にできるためお口の中を清潔に保つことができます
 
・すぐに治療が始められる
アソアライナーは初診から最短で14日で治療を開始できます。
 
マウスピースの制作期間が短いのですぐに治療開始できます(参考:フルデジタルのリンガル矯正では現在のところ準備に6週間かかります)
 
・矯正治療中のむし歯の治療が可能
アソアライナーは定期的に型取りしてアライナーをつくるため矯正歯科治療中でも、もしむし歯になっても、むし歯の治療が可能です
 
・違和感がすくない
透明で薄いマウスピースの形をしていますから異物感を感じにくいです
 
・3DS(Dental Drug Delivery System)の併用が可能です
3DSマウストレーとして使用できるのでホワイトニング、フッ化物などの薬剤の応用が可能です。
 
矯正歯科治療中にホワイトニングやむし歯の予防ができます
 
アソアライナーサンプル.JPG
 
 
今回デジタルスキャナーの導入によりフルデジタルセットアップによりアライナーが製作可能になりました。
 
手作業の部分がなくなりフルデジタル化により、1回のかたどりで1ステップ、3ステップ、5ステップまでアライナーが製作できます。
 
アソアライナーのよくないところ(デメリット)は
 
・取り外しのできること
取り外しのできることはメリットでもありますがデメリットでもあります。
 
アソアライナーははずしていると矯正歯科治療の効果が出ず治療期間が長引きます。
 
治療期間が長くなればアライナーの数が多くなり、場合によっては治療費用がおおくかかります。
 
・長時間の装着が必要であること
アソアライナーは17時間以上の連続的な装着が必要です。食事と歯のブラッシング時以外は装着していなければ十分な効果が得られません
 
・適応症が限られること
軽い程度の乱杭歯(叢生)、すきっ歯(空隙歯列)、軽い程度の出っ歯、軽い程度の反対咬合などが適応症となります。
 
奥歯のかみ合わせや抜歯するような治療には不向きです。
 
・歯を多少削ることがあります
歯を移動させるスペースがない場合には歯と歯の隣り合っている部分をエナメル質の範囲で削ること(ストリッピング)があります。
 
 
指示に従い正しく装着すること
 
 
aso.jpg
 
上の写真はアソアライナーでの治療開始から5クール終了(9クールを予定しています)までの経過写真です
 
アソアライナーの使用法をしっかりと守り、歯医者の支持どおりに装着すれば確実に歯ならびは改善していきます
 
すべての矯正歯科治療を含めて担当の歯科医師に十分、説明を受け自分にマウスピース矯正があっているかどうかしっかり確認してから治療を受けましょう。
 
歯ならび、不正咬合で、お悩みの方へ 
 
常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。
 
了解をいただきました主に常滑市・知多市のご在住の患者様の矯正歯科の治療経過を通して処置方針、治療期間、治療費用、副作用などをお知らせいたします。
 
どのように治療が進んでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります。
 

常滑市在住W.R様 その2  27歳 過蓋咬合・叢生  抜歯症例

りえ上014.JPG
 
治療経過
 
上顎の左右の第Ⅰ小臼歯の抜歯を行ない、上顎のレベリングを開始しました。
 
咬みあわせが深いため下顎の前歯にはブラケットが付けられません。
 
下顎の前歯にブラケットが付けられるようになるまで上顎の治療を先行します。
 
上顎に装着する最初のワイヤーは断面の丸い0.14ニッケルチタンワイヤーで、ワイヤーの半分の唇側部分にホワイトコーティングが施してあるエステッティックワイヤーです。
 
前歯には当院の標準的なプラスティックのブラケットでシルバースロットのクリアブラケットを使用しています。
 
w.rさまはセラミックブラケットとエステッティックワイヤーで治療をご希望していますが、今後のブラケットポジションの変更を考慮してクリアブラケットで矯正歯科治療をスタートします。
 
上顎第1大臼歯には固定源としてナンスのホールディングアーチという装置が装着されています。
 
使用材料について
 
使用ブラケットは4前歯部にはデンツプライ・シロナのクリアブラケット・シルバースロット、ロスのセットアップ、犬歯部・小臼歯部にはTPジャパン社のIn Vue、第Ⅰ大臼歯にはトミー社製コンバーチブルのダブルチューブ、第2大臼歯にはトミー社製シングルチューブを使用しました。
 
使用ワイヤーはTPジャパンの0.14インチニッケルチタン・エステッティック・ラウンドワイヤーを使用しています。
 
理恵014上.jpg
 
 

患者様にご負担の少ない歯科治療に努めています 久野歯科医院です

皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします

リウマチについて

リウマチ2.jpg
膠原病とは
 
膠原病は発熱、関節痛、筋肉痛、こわばりなどの症状があり、それらは炎症によって生じます。
 
骨、関節や筋肉の痛みとこわばりがある場合にはリウマチ性疾患として扱われます。
 
また組織としては結合組織という組織に病変が認められるので病理的には結合組織疾患とも呼ばれています。
 
免疫に異常が見られ、自分の体の成分を外から侵入してきた異物と勘違いして免疫反応を起こしてしまうなどの自己免疫と言う現象が関係していて自己免疫疾患と呼ばれています。
 
このような共通性のある疾患を膠原病と呼んでいます。
 
リウマチとは
 
リウマチは膠原病の代表的疾患の一つにかぞえられ、数多くの関節に慢性の炎症をもたらし進行すると関節の破壊が起こって正常に行なわれる機能が失われてしまいます。
 
関節以外にも様々な症状をもたらし内臓に障害をもたらすこともあります。
 
男性に比べ女性が3倍多く、罹りやすい年齢は30~50歳代です。
 
リウマチの症状
 
リウマチは関節の痛みなどの関節症状が多いのですが、早期の症状としてはしばしば、脱力感、倦怠感、全身の痛み、微熱などの全身症状が先行します。
 
初期に多いのは朝の関節のこわばりです。
 
リウマチにより冒される関節は多いのですが肩、ひじ、手首、手指、股関節、膝足首、頚、顎などの関節がよく冒されます。
 
症状は両側性、左右対称に現れるといわれていますが、そうとも限りません。
 
痛みやこわばりだけでなく赤くなり、腫れやさわると痛く熱を持っているなどの症状がみられます。
 
リウマチが進行すると関節の炎症は関節の周辺の軟組織にも波及して指の変形や、股関節、膝では歩行や座ることができなくなります。
 
歯科で関係するのは顎関節で口を開けると痛みがあり咀嚼ができないこともあります。
 
血液の異常では炎症のため赤沈は早くなり、炎症の程度を示すCRPも高い数値で強陽性となり経過と共に貧血が見られやすくなります。
 
リウマチの診断
リウマチ1.jpg
 
臨床症状により当てはまる項目から診断されますが血液検査の抗CCP抗体の陽性反応で確実に診断できます。
 
リウマトイド(RA)因子も強陽性となりますが他の疾患で陽性になったり、高齢者でも陽性になる場合があります。
 
高齢者でリウマトイド(RA)因子が陽性で膝関節症の方はリウマチではない可能性が高いと思われます。
 
抗核抗体のSS-A,SS-Bはリウマチによく随伴するシェーグレン症候群によく陽性に反応します。
 
リウマチの治療
 
リウマチの治療は診断と共に、とても進歩しており発症してからの2年間のうちに治療を開始することが大切です。
 
この最初の2年間を「ウィンドウズオブオポチュニティ」といい、「治療の窓」が開いているうちに治療を開始することで関節の変形など深刻な症状もなくなり良好な治療結果を得ることができます。
 
以前は効果の緩やかな薬から徐々に強い薬に移行しましたが、抗リウマチ薬のリウマトレックス、メトレート(メソトレキセート)を使用することにより症状の改善が早く効果的のおこなわれるようになりました。
 
さらに生物学的製剤の登場により寛解の状態にまで治療ができるようになり、完治している人もいらっしゃいます。
 
リウマチの早期発見、早期治療で完治も現実的なものになってきています。
 
歯周病とのかかわり
 
リウマチは歯周病と同様に炎症性サイトカインとの関係性が示唆されており、歯周病を治療するとリウマチの症状が軽くなることもあります。
 
現在のリウマチ治療のアンカードラッグのリウマトレックスや副腎皮質ホルモン薬のプレドニンは骨をもろくする副作用があります。
 
そのために骨粗鬆症のお薬が出されることもあり、リウマチの治療薬として骨粗鬆症のお薬が出されることも多くなってきました。
 
骨粗鬆症の治療薬は高齢者の骨折を防ぎ、寝たきり状態を防止するのにとても良いお薬ですがその反面、治りにくい骨髄炎が起こる副作用があり、歯科治療を行うときは注意が必要です。
 
 
常滑市の頼れる歯医者 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

介護が必要な方の口腔ケア

年寄イメージ.jpg
 
口腔ケアは介護が必要なお年寄りの健康の維持やQOL(生活の質)を向上させるだけでなく、誤嚥性肺炎など全身の病気を予防する上でもとても重要です。
 
要介護のお年寄りのお口のなかの状態
 
お口の中を清潔に保つ口腔ケアは毎日のブラッシングなどの自分で管理することが中心になります。
 
しかし介護を必要とするお年寄りでは麻痺などがあり自分で歯を磨くことができない人もいます。
 
歯を磨くことができても残っている歯にばらつきがあると歯磨きが十分にできていない場合が多くあります。
 
オーラルセルフケアができないとお口の中に食べかすが残ってしまい汚れたままになると細菌が繁殖して強い口臭を生じます。
 
さらにすすむと歯肉が腫れて歯肉炎となり出血、膿がでるなどの歯周病が重症化していきます。
 
口腔ケアの必要性
 
口腔ケアを行なうことで様々な効果を期待することができます。
 
口腔ケアの効果には
 
1.口臭の減少
口臭が減ることで介護する側、される側両方に快適な環境がうまれます
 
2.口腔感染症の予防
むし歯菌、歯周病菌などの細菌が減少してお口の中の感染症の発症をふせぎます
 
3.口腔機能の維持と回復
咀嚼機能や唾液の分泌が改善され、味覚、触覚などの機能が維持されます。低下していた知覚が回復します
 
4.全身的感染症の予防
口腔ケアによりお口の中の細菌の数を減少させて、コントロールを可能にすることで、お口の中の細菌が、誤嚥によって肺に入り込み炎症をおこす誤嚥性肺炎や心臓の内側の膜(心内膜)に細菌が感染してしておこる細菌性心内膜炎などの全身的な感染症に罹るのをふせぎます
 
5.全身状態やQOLの向上
口腔ケアにより咀嚼機能が回復すると食欲の回復により全身状態の改善とQOLの向上が見込めます
 
6.コミュニケーション機能の回復
発声、発語機能の回復によるコミュニケーションの回復
 
7.社会的経済効果
介護が必要なお年寄りの健康が回復、向上すれば介護する人の労力の削減や費用を少なくすることが可能となり、医療費の削減にもつながります
 
などがあります
 
口腔ケアの方法について

口腔ケア用品.jpg

口腔ケアの方法は介護者が毎日続けて、容易にできなければなりません。

 
短時間で、確実に、安全に、安価で、効果的に、楽にお口全体がきれいになることが必要になってきます。
 
上体を起こした姿勢でおこないます。上体を起こした方が誤嚥しにくくなります
 
麻痺がある場合は麻痺側を上にして横になってもらい行ないます
 
・口腔ケア用の棒つきのスポンジで口腔粘膜の清掃をおこないます(1分)
お年寄りの口腔粘膜は乾燥気味で薄く傷つきやすいので優しく行ないます
 
・舌ブラシで舌の汚れを擦り取ります(30秒)
下に付いた白っぽい汚れの舌苔を取り除きます。舌の根元の部分に舌ブラシがあたらないようにおこないます
 
・電動ブラシで歯を磨きます(2分30秒)
普通の歯ブラシでは操作がむずかしいので電動ブラシで汚れをとります。
電動歯ブラシは円形でブラシヘッドの回転するものがよいでしょう。
ブラッシングの順番を決めて行ないます。
歯磨き剤は使用しません
 
・うがい薬によるうがい(1分)
薄めたポピドンヨード(イソジン)やクロルヘキシジン(コンクール)などでぶくぶくと10回ほどうがいをします。
自分でうがいできない場合は吸引するための器具が必要になってきます。
 
所要時間の合計は約5分となります。
 
さらに棒つきスポンジや軟らかいナイロンブラシを使用してお口のなか(口腔粘膜)のマッサージを行なうとよいでしょう。
 
1日1回5分間の口腔ケアで十分な効果が得られることがわかっていますから、介護する人がやりやすい時間に行なえばよいと思います。
 
 
歯ならび、不正咬合で、お悩みの方へ
 
常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。
 
了解をいただきました主に常滑市・知多市のご在住の患者様の矯正歯科の治療経過を通して処置方針、治療期間、治療費用などをお知らせいたします。
 
どのように治療が進んでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります。
 

常滑市在住Y.Kt様15歳 女子 叢生 非抜歯

ちほ1.JPG
 
治療経過
レベリングのステップアップをしました。
 
断面の丸い0.14ラウンド、ニッケルチタンワイヤーから断面の4角の0.16×0.16レクタンギュラー、ニッケルチタンワイヤーにステップアップしました。
 
上顎は今までどおりクリアスナップにて結さつして、下顎は結さつ線にてしっかりと結さつしました。
 
叢生(クラウディング)は解消されつつあります。
 
今後は下顎の歯列弓の歪みの解消と左側のかみ合わせのClass2の治療をおこないます。
 
使用ワイヤーは上下顎ともにデンツプライシロナ社の0.16×0.16レクタンギュラー,レモンゴールド色のニッケルチタンゴールドメッキワイヤーを使用しました。
 
016×016niti.jpg

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談