久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■矯正症例3:T.M様(女性:抜歯)
八重歯と叢生
■矯正症例4:Y.M様(女性:抜歯)
八重歯
■矯正症例5:Y.A様(女性:抜歯)
上下顎前突
■矯正症例6:K.M様(男性:抜歯)
下顎の叢生
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する
開院114年の歴史ある歯医者 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 
電動歯ブラシについて
1335069_s (1).jpg
 
電動歯ブラシっていいんですか?
 
電動歯ブラシを使いたいけど何がいい?
 
電動歯ブラシについて患者様から質問があります。
 
電動ブラシは当コラムでお話したように、最近では家庭のなかに電動歯ブラシが普及してきています。
 
2013年の調査によりますと電動歯ブラシの普及率は22.9%となっており、年々増加の傾向にあります。
 
電動歯ブラシの利点
 
電動歯ブラシは使い方が上手になると、歯ブラシで手で磨くよりも多くの歯垢を落として歯肉炎を抑える効果があります。
 
電動歯ブラシを使うと歯垢減少率は手磨きの歯垢減少率より10%も高くなったという報告があります。
 
電動歯ブラシに替えてから歯みがきの回数や時間が増えた人も多く見られます。
 
電動歯ブラシは手で磨くより力、動きが一定で効率よく磨け、疲れを知りません。
 
電動ブラシ使用の注意点
3157376_s.jpg
 
しかし電動歯ブラシを使用するにあったっては注意も必要です。
 
強く押し付けたり、電動歯ブラシ自体を歯ブラシと同様に動かしたりと、使用法が間違っていれば、汚れが取れないばかりか歯肉にも悪影響を与えかねません。
 
電動歯ブラシを使用したからといって、歯ブラシが当たっていない歯の部分があれば汚れ(プラーク)は取れません。
 
効率がよいので長時間の電動歯ブラシの使用で根面などの歯が減ってしまう危険もあります。
 
研磨剤の配合された歯磨き粉はやはり、効率がよいので歯の表面や歯ぐきを傷つけるリスクが高くなります。
 
歯科医院でのブラッシングについてのチェック時に、ご自身で磨けていない部位を確認して磨きにくい部位を磨くようにしなければ電動歯ブラシを使用しても同様のことが起こります。
 
電動歯ブラシを使用すれば、むし歯や歯周病が予防できるのではないのです。
 
上手に使い分けましょう
23890871_s.jpg
 
オーラルセルフケアにはその人に合ったそれぞれのケアプランが必要になってきます。
 
子供の仕上げ磨きにはプラウトのようなワンタフトブラシとフロスを使用する方が良いと思います。
 
介護の現場ではブラシヘッドの回転する「ブラウン」ような電動歯ブラシがよいでしょう。
 
時間の制約があり、ベッドサイドなどの環境では電動歯ブラシは実力を発揮します。
 
常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院では現在のところでは電動歯ブラシではソニッケアーを奨めています。
 
電動歯ブラシは正しい方法で使用すれば、面倒な歯みがきをたのしい生活習慣に変えてくれるかもしれません。
 
 

歯ならびでお悩みの方へ 歯科・矯正歯科の久野歯科医院です

皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします 

了解をいただきました主に常滑、知多市の在住の患者様の、どのように治療がすすんでいくかを報告します

常滑市矢田在住 H.M様19歳女性 上下顎前歯叢生 抜歯症例 その6

CIMG1057.JPG
 
治療経過
 
上顎右側の犬歯と側切歯のスペースクローズを行い、アンテリアリトラクションを完了しました
 
上顎右側の中切歯部のワイヤーにステップベンドを入れ、歯の位置を調整しました
 
CIMG1058.JPG
 
臼歯関係、犬歯関係は良好です
 
仕上げに移ります
 
CIMG1062.JPG
 
 
 
 
 

常滑市の久野歯科医院です

皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします

口角口唇炎について

2211831_s.jpg
口角口唇炎とは
 
口角部に切れ目が生じて亀裂が入り、びらん、潰瘍を形成します。
 
その後かさぶたがつくられたり炎症症状を呈します。
 
口の開閉で動くとまた亀裂が生じ、治りにくい場合もおおくみられます。
 
口角口唇炎の原因
 
子供の場合にはブドウ球菌の細菌感染が多く、成人の場合は真菌症(カンジダ)が多いようです。
 
また全身疾患の部分症状として糖尿病、鉄欠乏性貧血、ビタミンB2欠乏症などによってもあらわれます。
 
口角口唇炎の症状
 
口角から皮膚に向かって割れた傷が形成され、創面はびらん状となって、その周りは赤みを帯びています
 
黄褐色のかさぶた状になることもしばしばです
 
お口を開けるたびに口角の部分が割れて、出血します
 
口角口唇炎の治療
1205740_s.jpg
 
細菌感染で生じた場合はその原因の疾患の治療を行い、ブドウ球菌には抗生物質の軟膏、カンジダ菌には抗真菌剤の軟膏を塗布します
 
全身疾患が原因である場合はその原因疾患が改善されると口角口唇炎もよくなっていきます
 

歯ならびでお悩みの方へ 知多市からも近い久野歯科医院です

皆様に役に立つ矯正歯科の情報を,わかりやすくお知らせします

了解をいただきました主に常滑や知多市在住の患者様の矯正の治療経過を報告いたします

どのように治療がすすんでいくのか、多くの写真を提示して解説していきます

常滑市在住 女性 叢生 抜歯症例 M.T様 その6

松下アンテ完了正面2.JPG

アンテリアリトラクションを完了しました

下顎前歯の叢生量が多かったためブラックトライアングルが生じています

初診時から改善を望まれていた正中は改善されています

治療経過

松下アンテ完了右2.JPG

側方歯は連続的に結紮してあります

前歯群も連続的に結紮してあります

臼歯関係は良好です

松下アンテ完了左2.JPG

左側の側方面観です

仕上げ・微調整(ディテイリング)

松下アンテ終了正面1.JPG

下顎前歯のブラックトライアングルを改善しました

上顎前歯のブラケットとワイヤーの結紮はモジュールゴムを使用しました

プラスティックブラケットはメタルスロットのものですがホワイトコーティングのワイヤーとモジュールゴムを使用することで目立たなくなりました

松下アンテ終了右1.JPG

上顎はフラットでプレーンな0.

16×0.16のステンレススチールのエステティックワイヤーに交換してあります

犬歯関係はClass1の状態です

松下アンテ終了左1CIMG0190.JPG

仕上げを行った左側の側方面観の写真です

ホワイトコーティングした下顎のワイヤーはコーティング部分が一部剥離してきています。

剥離を防ぐためにはワイヤーの交換回数を多くして対応します

関連記事:矯正歯科の症例

 

 

 

 

歯ならびでお悩みの方へ  久野歯科医院です

了解をいただきました主に常滑や知多市在住の患者様の矯正の治療経過を報告いたします

どのように治療がすすんでいくのか、多くの写真を提示して解説していきます

知多市在住 K.S様 32歳女性 下顎前歯叢生 IPRを行った部分矯正 その4

CIMG0288.JPG

犬歯から犬歯までの前歯の隣り合った歯質をエナメル質の範囲で切削して(インタープロキシマルリダクション)歯を移動させるスペースをつくります

オープンコイルというコイル状のばねを縮めて、ワイヤーに通してワイヤーとともにブラケットに装着します

治療経過

櫛毛正面1.JPG

バネが元に戻る力を利用して舌側傾斜をしている下顎左側側切歯の移動できるスペースをつくります

バネが元の長さに戻ったら、スライディングフックという装置を入れてオープンコイルを活性化します

櫛毛下1.JPG

舌側傾斜している下顎の左側側切歯にスペースができ始め、ブラケットがつけられるようになりました

櫛毛取り込み2.JPG

上顎は0.16×0.16のステンレススチールワイヤーに交換してあります

下顎は歯列に取り込むように左側側切歯にエラスティックゴムにて主線に近づけるようにします

大きくずれていた正中も改善傾向です

櫛毛取り込み3.JPG

咬耗していた前歯は修復し形態修正を行います

関連記事:矯正歯科の症例

 

 

 

 

 
久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

歯科の定期健診は全身の健康のための入り口です

 
当コラムでお知らせしてきたように、歯周病と糖尿病などの全身疾患とのかかわりがつぎつぎと解明されてきています。
 
歯科定期健診は歯を守るだけではありません
 
悪くなってからの治療は歯の寿命を短くしてしまいます
 
歯科の定期健診を受けている人は増加傾向にありますがその一方、歯に痛みや歯ぐきの腫れ、違和感などの不具合が生じたときに治療に歯科医院へ行く人も少なくありません。
 
悪くなってから治療を繰り返していると歯の環境、治療条件が悪くなり歯の寿命が短くなってしまいます。
 
むし歯で失ってしまった歯は再生することはありません。定期健診を受けることでむし歯や歯周病を早く見つけることができ、治療の程度も軽くなります。
 
歯を失うことで治療の範囲が大きく広がり、治療期間が長くなり治療費用が高額になってしまいます。
 
22165931_s.jpg
お口の健康は全身の健康につながります
 
お口の健康は全身の健康と関わっていることがわかってきています。
 
むし歯や歯周病の原因のむし歯菌や歯周病菌が脳血管疾患や心臓病、糖尿病などの全身疾患に影響を及ぼしているばかりかお口の不具合が高齢者では虚弱体質(フレイル)を招く要因にもなっています。
 
毎日のセルフケアと定期歯科健診のときにプロフェッショナルケアを受けることでお口の中の環境が整い全身の健康につながります。
 
脳の活性化につながります
 
お口のなかの健康に気を使えば、歯茎は健康でや歯を支える骨の量も多く維持できるので歯は長持ちして食物をかみ砕くことができます
 
咬むという刺激は脳に伝わり脳を刺激して認知症の発症の予防にもつながると考えられています。
 
また咬む力は歯を失うことにより低下してしまいます。
 
上下の歯をかみしめることでスポーツや仕事の時に十分な力をだすことができます。
 
医療費を抑えることができます
 
歯科定期健診をすることでお口の健康を得ることができれば全身の疾患の予防につながりあなたの体全体にかかる医療費を低く抑えることができます。
 
定期健診を受けることで年間の医療費が9万円も少なくなる報告があります。
 
お口の状態や体の状態により次のような方は常滑・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院では短い周期で健診を勧める場合もございます。
 
23260836_s.jpg
 
 
短い周期での歯科健診・プロフェッショナルケアの必要な方
重度の歯周病の方
 
歯周病が進行して重症の方は歯周ポケットが深く、セルフケアだけでは十分なプラークコントロールができません。
 
歯周ポケットの中のプラークの除去が必要です
 
むし歯のリスクの高い方
 
歯の質が弱い、唾液の出る量が少ない、プラークコントロールのセルフケアが不十分で上手くできないむし歯のできる可能性の高い方
 
歯石の付きやすいい方
 
歯石が付きやすく放置しておくとお口の清掃に支障をきたしさらにプラークが付き易い環境ができてしまいます。
歯周病が進行してしまいます。
 
糖尿病の方
 
糖尿病と歯周病は共に生活習慣病の1つで、それぞれの病気が相互に悪影響を及ぼします。
 
歯周病は糖尿病の合併症の一つにかぞえられています。
 
歯周病の治療をしっかり行なうことで糖尿病が改善します。
 
糖尿病のかかっていると体の抵抗力が低下して歯周病が進行しやすくなります。
 
煙草を吸う方
 
4757778_s.jpg
 
煙草は全身の健康に悪影響を及ぼすばかりでなく、歯周病の治療に抵抗を示し歯肉の健康を損ないます。
 
出血や腫れなどの歯周病の反応や症状を隠してしまい、気づきにくいため歯周病が重症化しやすいのです。
 
 
 
毎日のオーラルセルフケアと定期的な歯科医院での健診とプロフェッショナルケアでお口の健康を維持しましょう。
 
お口の健康を維持することは全身の健康の維持につながります
 

歯ならびでお悩みの方へ 歯科・矯正歯科の久野歯科医院です

皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします 

了解をいただきました主に常滑、知多市の在住の患者様の、どのようにどのように治療がすすんでいくかを報告します

常滑市矢田在住 H.M様19歳女性 上下顎前歯叢生 抜歯症例 その5

アンテ中正面1.JPG

治療経過

アンテ中右1.JPG

上顎右側のアンテリアリトラクションを開始しました

下顎の抜歯したスペースは、ほとんどが叢生の改善に使われました

右側のアンテリアリトラクションを行うことで正中をあわせ、改善を図ります。

アンテ中左2.JPG

異所萌出していた犬歯を抜歯した位置の歯肉がやや腫れています。

抜歯した犬歯と犬歯の代わりとなっている左側第一小臼歯は、高径と幅径が違うため正中の改善が不十分となる可能性があります。

臼歯関係を優先して治療します

関連記事:矯正歯科の症例

 

 

 

 

知多市から患者様が来院していただいております 久野歯科医院です

皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします

ウォーキングブリーチの限界と最小限の歯の切削によるレジン修復について

 
DSCN0113.JPG
 
患者様の概要
 
80歳の女性が左側の界面金冠の縁が尖っていて唇に引っ掛かりを主訴として来院されました。
 
開面金冠の不適合を確認したので開面金冠を取り除き修復することになりました。
 
以前にも当ブログでお知らせしたように,以前は審美修復材料がなかったためと効率のよい歯の切削機器がなかったために,開面金冠が応用されていました。
 
DSCN0115.JPG
 
処置方針
 
開面金冠を取り除くと高い確率で健康な歯質の残された歯があらわれてきます。
 
この患者様の場合も開面金冠を取り除くと隣接面を除いてほとんど健康な歯が現れました
 
むし歯の部分を最小限の歯の切削にとどめて、歯冠色のレジンで修復します。
 
さらに上顎右側の中切歯の歯頚部の茶色の変色が気になります
 
DSCN5837.JPG
 
ウォーキングブリ-チを試みます
 
ブリーチング(ホワイトニング)は変色の原因や変色の年月、銀とスズの練り物(アマルガム)などの修復材料、根管治療の方法などの影響
 
によりウォーキングブリーチの効果が出にくい場合もあります。
 
根管の再治療の後、ウオーキングブリーチを5回ほど行ないました。
 
安藤あん.JPG
 
治療経過
 
茶色の変色は徐々に改善傾向にあり色も薄くなってきましたが、古い詰め物を取り除きレジンにより新しく詰めなおして、患者様の体力も考えて治療を終了することにいたしました。
 
今回の患者様での処置は歯の切削を極力少なくして体への負担の少ない治療を行ないました。
 
周辺の歯は以前に修復されていてその歯に色調をあわせれば全部被覆冠(かぶせもの)で治すことも考えられます。
 
しかし歯の切削量は多くなり、全部被覆冠の縁は歯肉に近く設定しなければならなくなり、さらなる口腔ケアに気を使わなければなりません。
 
患者様一人一人に合った治療法を選び、総合的に診て患者様の利益となるように処置方針を決めることも大切なことであると思っています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

歯ならびでお悩みの方へ 知多市からも近い久野歯科医院です

皆様に役に立つ矯正歯科の情報を,わかりやすくお知らせします

了解をいただきました主に常滑や知多市在住の患者様の矯正の治療経過を報告いたします

どのように治療がすすんでいくのか、多くの写真を提示して解説していきます

常滑市在住 女性 叢生 抜歯症例 M.T様 その5

M.Tアンテリアリトラクション開始1.JPG

アンテリアリトラクションを開始します

ワイヤーはカーブのついたものからフラットなものへ交換し、側切歯と犬歯の間にフックを立てて第1大臼歯のチューブのフックからフックにエラストメトリックチェーンをのばして装着します

エアラスメトリックチェーンが元に戻る力を利用して、前歯群をひとまとめにして後方に移動します

患者様の顔面の真ん中(正中)は下顎の中切歯に一致していますので、上顎の正中を下顎の正中に合わせるように調整して治療します

治療経過

M.Tアンテリアリトラクション開始2.JPG

側方歯は1対2歯の関係で良好な状態で咬んでいます

側方歯群、前歯群の4歯は連続的に結紮してあります

M.Tアンテリアリトラクション開始3.JPG

左側も同じように治療を行います。

歯周組織は健康で口腔衛生状態も良好です。

口腔衛生状態は個人差があり、院内に歯ブラシを保管してブラッシング指導は毎回行われる方もいらっしゃいます。

関連記事:矯正歯科の症例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

矯正治療の遅れる理由について

2143828_s.jpg
 
矯正治療が後半にさしかかるぐらいの頃から患者様の中には「何時ごろ、装置は取れますか?」とたずねられることがあります。
 
患者様の歯の移動の大小に関しては個人差があります。
 
先天性欠如が認められたり、乳歯の晩期残存、骨隆起の存在が治療期間を延長させる場合があります(アンユ―ジャルケース)。
 
口腔ケアが上手でない患者様には来院のたびにブラッシングをしていただき指導することもあります
 
また歯に伝える力が適正でなければ、歯根の吸収や歯の移動に影響を与えます。
 
矯正治療自体は順調にすすんでいても、治療期間が延長する場合もあります
 
無断キャンセル
2262516_s.jpg
 
治療期間の延長する大きな原因は患者様の予約(約束)のキャンセル(無断キャンセルを含む)にあることも多いと思われます。
 
2年から3年ほどの長い治療期間の間の、ある期間にキャンセルが多いとトータル的に治療期間の延長となることが考えられます。
 
特に、女性の患者様では体調の変化にデリケートな1面がありますからより計画的な予約が必要です。
 
無断キャンセルは必ずよい結果が得られないばかりか無駄な治療期間の延長となります
 
その他の遅れる要因
また
・予測のできない異常な成長
 
・多発性のむし歯
 
・顎関節の異常
 
・重度の歯周病
 
などが発生した場合には治療期間の延長または治療の中止を含む、治療計画の見直しが必要になる場合があります。
 
当院にとりましても患者様の予約の時間はとても大切で貴重なものであるとかんがえています。
 
せっかくお取りしている患者様の治療の時間が無断キャンセルによって全く無駄な空白の時間となってしまいます。
 
歯科医師の指示指示の通りに矯正装置が使用できない場合は治療効果が望めませんので治療期間が延長してしまいます。
 
治療装置の中には効果を最大限に発揮できる時期が限定されているものがあります
 
ご本人、保護者様の一方的な判断での矯正装置の使用(治療装置の未使用や、装着時間の短縮など)も治療期間の延長となってしまいます。
 
 
2720177_s.jpg
 
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談