久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■矯正症例3:T.M様(女性:抜歯)
八重歯と叢生
■矯正症例4:Y.M様(女性:抜歯)
八重歯
■矯正症例5:Y.A様(女性:抜歯)
上下顎前突
■矯正症例6:K.M様(男性:抜歯)
下顎の叢生
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【成人矯正症例 治療開始】前歯叢生をIPR(インタープロキシマルリダクション)を行って部分矯正治療したK.S様の報告・その1

【成人矯正症例 治療開始】前歯叢生をIPR(インタープロキシマルリダクション)を行って部分矯正治療したK.S様の報告・その1

歯ならびでお悩みの方へ 常滑、知多市の歯科・矯正歯科 久野歯科医院です

了解をいただきました主に常滑や知多市在住の患者様の矯正の治療経過を報告いたします

どのように治療がすすんでいくか多くの写真を提示して解説していきます

知多市在住 K.S様 32歳女性 下顎前歯叢生 IPRを行った部分矯正 その1

DSCN0033.JPG

 

患者様の概要

DSCN0041.JPG

K.S様は下顎左側側切歯の舌側への転位の矯正治療を希望されて来院されました。

マウスピース矯正と通常のワイヤーとブラケットを使用する矯正の利点欠点、治療費用等についてお話ししました

当院へ来院される矯正相談の患者様と同様に試料採取を行い、診断しました

舌側に入っている側切歯を抜歯して治療する場合と非抜歯で治療する場合について説明しました

抜歯した場合には当然前歯が3歯になり上顎の正中と一致しないが、スペースのクローズが容易である

マウスピース矯正も可能であると判断するがコストがかさみ、割高となる事

奥歯のかみ合わせはしっかりと正常に噛んでいるので前歯部のみを治療対象にする部分矯正も考えてもよいことなどを説明しました

部分矯正、マウスピース矯正では隣り合った前歯のエナメル質部分の若干の切削が必要となるであろうこともお話ししました

また上顎前歯との接触が緊密であるため、上顎前歯の軽度の叢生を改善する必要のある事もお話ししました

処置方針

マウスピース矯正ではコストがかかること、臼歯部の関係は良好であること、抜歯すると3歯となり、スペースクローズは容易であるが左右のバランスをとることが難しいことなどから部分矯正で治療する。

歯を移動させるスペースの確保にはIPR(インタープロキシマルリダクション)で対応するように計画し、上の前歯の部分矯正も併せて行います。

部分矯正ではありますが非抜歯で行うことにより大きくずれている正中もできるだけ改善するように計画します

DSCN0035.JPG

 

DSCN0037.JPG

 

関連記事:矯正歯科

 

 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談