久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【毎日の歯科診療から】舌咽神経痛について

【毎日の歯科診療から】舌咽神経痛について

開院113年の歴史のある歯医者 常滑の歯科、矯正歯科l 久野歯科医院です

皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします

舌咽神経痛について

舌咽神経は脳神経12対のうちのひとつで、主として舌と咽頭に関連のある領域に分布する脳神経です

舌咽神経痛は舌咽神経の支配領域である舌根、扁桃、咽頭部の発作的な痛みのことをいいます。

頭が重い.jpg

 

舌咽神経痛の症状

痛みは顎を動かすことにより舌やのどのおくがひっぱられるとおこります。具体的には

・ものを飲み込むとき

・ものをかむとき

・話をするとき

・大きく口を開けるとき

・冷たいものや刺激のあるものが口に入るとき

などが痛みの出るきっかけとなります。

痛みは奥の深いところで起こるため患者様は痛みの部位がはっきり分からないこともあります。

痛みは三叉神経痛と同様に一瞬の突き刺さるような、電気が走るようなものであるとされていますが、三叉神経痛でも痛みの感じ方は人によって違います。

舌咽神経痛もじわじわと焼け付くような痛みとして感じられることもあるようです。

舌咽神経痛の臨床診断

舌咽神経痛は三叉神経痛の50分の1から100分の1の有病率で比較的まれな疾患です

50歳以上で発症して寛解と発作を繰り返すことがあります。

患者様の話を十分に聞いてお口のなかにむし歯や歯周病がないか十分な診査をしたうえでの診断が必要です。

舌の根元の舌根部やのどの奥の咽頭部の視診ではびらん、潰瘍などの異常が見当たらないのが厄介です。

のどの奥に表面麻酔のスプレーをすると発作が止まることで、舌咽神経痛の診断とすることもできますが、表面麻酔が効いている間に誤嚥を防ぐように痛みを出している片側の舌咽神経の支配領域に確実にスプレーすることも大切です

診断に当たっては、あたまから決め付けることは慎まなければなりません。

口腔、顔面の痛みのある多くの疾患について知ることや神経痛の原因を探り、見つけ出すことで原因不明な痛みに対する患者様の不安も軽減すると思います。

舌咽神経痛の治療

口腔外科へ紹介します。さらに必要であれば脳神経内科、脳神経外科への紹介となります。

MRIなどの画像診断を加えて確定診断ができれば、薬物療法、外科処置などが考えられます。

 

 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談