久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【歯医者の豆知識】高齢者・入れ歯での咀嚼について

【歯医者の豆知識】高齢者・入れ歯での咀嚼について

患者様にご負担の少ない歯科治療を! 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 

高齢者・入れ歯での咀嚼について

 
92770_s.jpg
 
今から20年ほど前は60歳から69歳ですでに自分の歯が20本残っていない状況でしたが今では80歳で20本以上自分の歯が残っている人が50%をこえています。
 
歯の残っている状況から考えれば間違いなく、日本人は若返っているといえるでしょう。
 
最近話題のフレイルの予防には食べることが重要な項目のひとつに挙げられています。
 
フレイルの入り口といわれているオーラルフレイルの予防にも高齢者・入れ歯での咀嚼について考える必要があると思います。
 
入れ歯で食べにくい食品
 
一般的に入れ歯では線維をきるような擦り切る運動がしにくくなるといわれています。
 
横ゆすりの運動は入れ歯をはずしやすくしたり、ひねりが生じやすいので入れ歯に痛みを生じやすくすることが想像されます。
 
具体的には食パンや油揚げ、薄切りハム、にら・ほうれん草などの葉物類、きのこなどがこれに当たります。
 
決して硬いものではないのですが、なかなか咬み切ることができません。
 
この対応策としては以前より少し小さめに切ったり、薄く切り過ぎない、隠し包丁を入れるなどが有効です。
 
隠し包丁(かのこぎり)は料理店でイカの刺身や肉の食感をやわらかくする、味を浸透させやすい手法として一般的になってきています。
 
料理店のお客様の対象が高齢者になってきたり、軟らかいものを全世代の人が好む傾向を感じ取っているからなのかもしれません。
 
逆に硬いものでも粘りのないおかきなどは比較的入れ歯でたべることができます
 
口腔機能の低下を防ぐには
2886503_s.jpg
 
学問的には入れ歯を使用していない健全な歯が多く、残っている人に比べて入れ歯を使用している人では咀嚼能率が低下します。
 
「いればの名人」といわれている歯医者がつくった入れ歯でも健全な歯を持った人の比べるとかみ砕く効率は30~40%になると言われています。
 
だからといって「入れ歯では何でも食べられません」と断言してしまうのどうかと個人的には思います。
 
入れ歯を装着して少しでも咀嚼能率を高め、口腔機能の低下を防ぐために歯医者は患者様のお手伝いをします。
 
学問的に裏づけられた数字は説明する時に説得力がありますが、入れ歯を語るときには、それがすべてではないと思っています。
 
現代人は言われているほど食物をよく咬んで、よく咀嚼しているでしょうか?
 
軟らかいものを好み、軟らかいものイコールおいしいと表現して、口当たりを楽しんでよく咀嚼せずに飲み込んでいる可能性もあります。
 
そのことを標準的なこととすれば、よく咬むことを意識して入れ歯を使用すれば十分対応でき、一般の食生活を行なうことができると考えています。
 
それにはまず、入れ歯の痛みを失くすことが重要な事柄となります。
 
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談