久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【歯医者の豆知識】限られる適応症、ノンクラスプデンチャーについて

【歯医者の豆知識】限られる適応症、ノンクラスプデンチャーについて

患者様にご負担の少ない歯科治療を行うように努めています
 
常滑、知多市の歯医者 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 
 

ノンクラスプデンチャーについて

2421470_s.jpg
 
最近、当院でも患者様からの審美性の要求が高まり、ノンクラスプデンチャーについての質問や要望が多くなってきています。
 
部分入れ歯をお口のなかで使用するには咬む力を残っている歯に伝え、入れ歯がはずれないようにして、入れ歯の安定を図る部分が必要です。
 
その大切な役割りを担っている部分にクラスプという装置があります。
 
俗に“金属のバネ”と言われている部分です。その金属のバネが口元からみえることが外観上好ましい状態ではなく、年齢を感じさせ、見栄えを悪くしています。
 
その問題を解決するためには金属のバネに変わる支台装置が必要です
 
ノンクラスプデンチャーは支台装置がレジンというプラスティックでできており、そのレジンの弾性を利用して部分入れ歯の安定を図ります。
 
ノンクラスプデンチャーは正確にはノンメタルクラスプデンチャーといいます
 
ノンメタルクラスプデンチャーの良い点
 
ノンメタルクラスプデンチャーの良い点は
 
・薄いこと
 
・軽いこと
 
・自然で審美性に優れていること
 
・違和感がすくないこと
 
・金属アレルギーの患者様にも安心して使用できる
 
などがあげられます
 
限られる適応症
 
しかしすべての入れ歯を必要としている患者様に適応できるわけではありません
 
適応症は限られています。
 
ノンメタルクラスプデンチャーの適応が難しいと思われるのは
 
・歯のあるところと歯のないところが上下の顎ですれ違いを起こしていて咬んでいない。
 
・残っている歯がとても少ない。
 
・メタルクラスプに相当するレジンクラスプに使用される歯の高さがなく短い。
 
・レジンクラスプに使用される歯の周囲の歯周組織の条件が悪い。
 
・咬む力が大きい。
 
・顎の土手の条件が悪い
 
・プラークコントロールが不十分である
 
などがかんがえられます。
 
・さらに使用期間のなかで破損したり、不幸にも歯を喪失した場合の修理が診療室内で、できるか?
 
・材質自体の強度など、長期の使用に耐えられるか?
 
・入れ歯の適合状態は従来の入れ歯に比べてどうなのか?
 
など不確定な事柄や、保険診療ではなく自由診療であるなど不利な点もあります。
 
また意外とノンクラスプの部分が大きく異物感の大小の面では不利に働く場合も多く考えられます
 
改良されてきたノンメタルクラスプデンチャー
2427091_s.jpg
 
そこで、現在考えられているのは部分入れ歯の重要な部分や外観にふれない部分の支台装置(クラスプ)には従来のメタルクラスプを使用して、外観にふれる部分に限り目立たないレジンクラスプ(ノンメタルクラスプ)を使用する方法です。
ただし、金属アレルギーの方には使用できません。
 
審美性を優先される方のための部分入れ歯となります
 
ノンメタルクラスプデンチャーの適応症について
 
現在、ノンメタルクラスプデンチャーが適応と考えられるのは咬む力の比較的弱い方で顎の土手の状態がよく、前歯のみの欠損のもの(4歯欠損まで)
 
入れ歯の前と奥に歯があり歯のない部分が少ない場合(中間欠損の入れ歯)
 
などに限られてくるとかんがえられます。
 
課題の多いノンメタルクラスプデンチャー
2462658_s.jpg
 
いずれにしてもノンメタルクラスプデンチャーは新しい合成樹脂の材料が使用され正確なデータの蓄積が不十分です。
 
審美性と機能性の両方を満足できるノンクラスプデンチャーは歯のない部分と歯の残っている部分などの状態にも、よりますが今のところ見当たりません
 
ノンクラスプデンチャーは咀嚼機能の回復のできる最終的な義歯としては不十分でありましょう。
 
ノンメタルクラスプデンチャーを使用しての入れ歯の治療には適応症を見極めて十分に患者様に説明することが必要だと考えています
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談