久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【小児矯正症例 治療中】叢生の治療例/女子K.M様(常滑市大野町在住)の報告・その6

【小児矯正症例 治療中】叢生の治療例/女子K.M様(常滑市大野町在住)の報告・その6

納得感重視の矯正歯科治療なら 常滑の久野歯科医院です
 
歯並びや不正咬合でお悩みの方へ
 
了解が得られました主に常滑市、知多市在住の患者様の矯正歯科治療を通して処置方針、治療期間、治療費用、矯正歯科治療へで生じる可能性のある副作用などについてお知らせします。
 
どのように治療がすすんでいくか写真を提示して説明してまいります
 

常滑市大野町在住 K.M様の治療報告 その6

河内牽引完了.jpg
今までの治療経過
 
当初の処置方針では叢生を改善するために上下の顎の側方への拡大を行ない、乳歯の交換の時期や順序に注意して永久歯への交換のスペースの確保を行ないながら永久歯列の完成まで小児矯正を続ける予定でした。
 
しかし、下顎の左側の第2乳臼歯が正常に交換しないため抜歯を行ないましたが、第2小臼歯は生えてきませんでした。
 
そこで、開窓手術を常滑市民病院の歯科口腔外科の籐武智先生に依頼し第2小臼歯を牽引することにしました。
 
牽引が行なわれて、歯肉から顔(歯冠)をだしてきた第2小臼歯は4分のⅠ回転の捻転をしており、第2小臼歯を牽引するため主にアンカー(固定源)としていた第1大臼歯と第Ⅰ小臼歯が牽引の反作用で傾いてきました。
 
矯正歯科治療で歯を移動させる場合には、アンカー(固定源・抵抗源)や作用・反作用について常に考えておかねばなりません。
 
新たに模型採取、口腔内写真の撮影、レントゲン撮影を行ない K.M様とお父様に現在の状況を説明して治療の継続の必要性をお話して、
 
本格矯正に移行することとしました。
 
河内本格開始正面.JPG
 
下顎左側第2小臼歯以外、すべて永久歯への交換が完了しました
正中にずれが生じています
 
河内本格右.JPG
 
右側の臼歯関係は現在のところClass1に近い関係です
 
河内本格左.JPG
 
左側では牽引の結果第2小臼歯の歯冠部が見えてきています
 
牽引の副作用で第1小臼歯が後方へ、第1大臼歯が前方へ倒れこんできている様子が見られます
 
河内本格下.JPG

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談