久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

当院おすすめ記事はこちら▼

■矯正歯科治療を検討される方へ
あどけなさの残る八重歯・乱杭歯から知的で美しい歯並びへ
矯正歯科治療中の痛みについて
患者様の矯正歯科治療を拒む5つの障害について
貴方はご自分の笑顔に自信がありますか?
八重歯・乱杭歯
歯を抜くことについて
■特に患者様に役立つ記事
特別コラム
妊娠されたら気をつけたいお口の事、歯科治療のこと
■矯正症例1:Y.K様(女性:非抜歯)
叢生の治療例/その1
叢生の治療例/その2
叢生の治療例/その3
叢生の治療例/その4
叢生の治療例/その5
■矯正症例2:K.T様(女性:非抜歯)
叢生の治療例2/その1
叢生の治療例2/その2
叢生の治療例2/その3
叢生の治療例2/その4
叢生の治療例2/その5
■T4Kトレーナー・マイオブレイス
愛知県保険医協会の歯科学術研究会の講演会に参加しました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの講演会を聞いてきました
T4Kトレーナー・マイオブレイスの半日セミナーの受講を報告
マイオブレイス・T4Kトレーナーについて1デイセミナー
トレーナー・マイオブレイスによる筋機能矯正法を学ぶ
T4Kトレーナー・マイオブレイスについての当院の現在の見解について
知識向上研修会参加T4Kトレーナー・マイオブレイスのハンズオンセミナーに参加する

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【歯医者の豆知識】超高齢化時代を迎えた医科医療費に対して歯科のできること

【歯医者の豆知識】超高齢化時代を迎えた医科医療費に対して歯科のできること

愛知県常滑市の頼れる歯医者 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 
日本の医療費の現状
 
お口のなかの健康が体全身の健康につながることは、当院の院長ブログやコラムにて幾度もお伝えしていることですが、医療費の面からもお口の健康が全身の病気の治療費を削減できることが裏づけられています。
 
日本は超高齢化の時代を向かえ、医療費がとても多くかかり、2018年度GDP(国民所得)比で「保険料負担」で12.4%、「公費負担」8.3%となっています。
 
医療費.jpg
 
全身疾患と歯科疾患の関係
 
たとえば、認知症のアルツハイマー病は歯周病菌が誘発して病状の悪化に関係しているといわれています。
 
口腔ケアを行なうことでアルツハイマー病を予防できる可能性がでてきました。
 
誤嚥性肺炎は口腔ケアを行なうことで発症リスクを6割以下に減少させることができます。
 
お口の中をきれいに保つことは健康寿命を伸ばし、健康長寿につながります。
 
残っている歯の数と入れ歯は「寝たきり」に関連していて、お口の中にある歯の数と入れ歯をはめているかいないかは転倒に関係していて歯がなく、入れ歯を使っていないヒトは転倒のリスクが2.5倍になると言う報告があります。
 
歯周病が及ぼす全身へのリスクも見逃せません
 
歯周病があると癌では1.24倍、糖尿病2.0倍、脳血管疾患(脳梗塞)1.63倍、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)では2.11倍になっています。
 
健康順位.jpg
 
歯科定期健診のすすめ
 
むし歯は1度なってしまうと、元通りになおりません。
 
自然治癒することがありません。
 
早期発見、早期治療がとても大切です。
 
むし歯をつくらないために、歯周病を悪化させないために全身の健康チェックと同様にお口の定期健診も欠かせません。
 
お口の健康を維持することが健康寿命の延長に直結します。
 
定期的に歯科健診を長く続けることで歯が残ることが報告されています。
 
 
 
歯科健診による医科医療費の削減
 
歯科健診を受け、歯の数を多く残すことができると医科の医療費を下げることが可能です。
 
40歳から5歳おきに89歳までのすべての年齢の階層で、歯の数が20歯以上ある人は19歯以下の人に比べて1ヶ月あたりの医療費が少ないことが報告されています。
 
さらに歯科健診を受け、歯の数を多く残すことができると要介護度2以上でいる期間が少なくなり、健康寿命が延びることが報告されています。
 
今後、団塊の世代が後期高齢者となり、急激に増大するであろう医療費、介護費用を歯科健診を定期的に行いお口の健康を取り戻し、維持することで削減できると考えています
 
118038ff0e4b9413ab612f8a95aab89d_s.jpg
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談