久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【歯医者の豆知識】インフルエンザの予防にはワクチン接種、手洗い、マスク、鼻呼吸

【歯医者の豆知識】インフルエンザの予防にはワクチン接種、手洗い、マスク、鼻呼吸

知多市からも多くの患者様に来院していただいております 久野歯科医院です
 
皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします
 
インフルエンザの予防は流行する前のワクチン接種などが有効です。
 
この季節になるとインフルエンザの流行が気になりますね。
 
インフルエンザは「インフルエンザウイルス」に感染しておきます。
 
かかると38度以上の発熱、頭痛や関節・筋肉痛などの全身の症状が急に現れ、高齢の方や種種の慢性疾患を持つ方は肺炎を伴うなど重症化することがあります。
 

インフルエンザを予防する有効な方法

 
 
ワクチン接種
注射Ⅱ.jpg
 
流行する前にワクチン接種を受けることは、かなりの予防効果が期待できます。
 
特に高齢者は死亡の危険性が5分の1に減少するといわれています。
 
現行のワクチンの安全性はきわめて高いと評価されているようです
 
ただしワクチン接種からその効力が発揮されるまでには、おおよそ2週間の経過時間が必要で接種しても、すぐには効きません。
 
手洗い、手指の消毒、部屋の加湿
手洗い.jpg
 
手洗いやアルコール製剤による手指の消毒も付着したウイルスを落とすことができ、有効です。
 
冬は乾燥しやすいので湿度や温度にも気配りが必要です。
 
久野歯科医院でも玄関の出入り口にはアルコール製剤の消毒液が患者様に利用できるように備えてあります。
 
また、待合室内はエアコンによる乾燥を防ぐために加湿器にて湿度の調節をしています。
 
マスクの着用、鼻呼吸
マスク.jpg
 
インフルエンザは、咳やくしゃみ際に口から発生する小さな水滴(飛沫)によって感染します。
 
普段から咳やくしゃみが出るときはティッシュで口を押えたり、ひじを曲げて口や鼻を押さえて受け止めたり、マスクをするなど心がけましょう。
 
口呼吸はウイルスが直接お口の中から気管に入りインフルエンザに感染しやすくなってしまいます。
 
お口を閉じて鼻呼吸に努めましょう。
 
鼻呼吸により冷たく乾燥した空気は鼻腔で暖かい、湿度を保った空気に変えることができます。
 
インフルエンザウイルスは湿気に弱いのです。
 
インフルエンザの予防にマスクの着用だけでは役に立ちません。
 
インフルエンザウイルス自体はマスクの網目を通過してしまいます。
 
インフルエンザウイルスの付着した水分の飛沫はマスクによりキャッチすることができるかもしれません。
 
マスクをしていても中で口呼吸をしていてはどうにもなりません
 
バランスのよい食事を心がけ日頃の体調管理が重要です。
 
 

インフルエンザにかかったかもしれない時

 
・人ごみや繁華街への外出は控え、安静にして休養をとりましょう。
 
・特に睡眠を十分にとることが大切です。
 
・また水分を十分に補給し、早めに医療機関を受診しましょう。
 
・インフルエンザの治療の効果は、症状が出始めてからの時間や症状により異なりますので医師の判断となります
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談