久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【成人矯正症例 治療中】八重歯と叢生の治療例/女性Y.M様(常滑市神明町在住)の報告・その3

【成人矯正症例 治療中】八重歯と叢生の治療例/女性Y.M様(常滑市神明町在住)の報告・その3

 
歯ならび、不正咬合で、お悩みの方へ 常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。
 
了解をいただきました主に常滑市・知多市のご在住の患者様の矯正歯科の治療経過を通して処置方針、治療期間、治療費用などをお知らせいたします。
 
どのように治療が進んでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります。
 

患者様は、常滑市在住 女性21才 y.m様 抜歯症例

美奈子上014.JPG
 
治療経過
 
ワイヤーの断面が丸い0.14インチのラウンドニッケルチタンワイヤーからワイヤーの断面が4角の0.16×0.16インチのレクタンステンレススチールのエステッティックワイヤに交換しました。
 
上顎の左側側切歯の部分的反対咬合を改善する準備に、左側中切歯と左側犬歯の間にオープンコイルというコイル状のバネを本来の長さのものを縮めて入れてワイヤーをスロットにしっかり結さつします。
 
オープンコイルもワイヤーと同様にホワイトコーティングしたものを使用します。
 
オープンコイルの元に戻ろうとする力を利用して左側側切歯の移動するスペースを上顎の左側中切歯と左側犬歯の間につくります。
 
部分反対咬合が改善され下顎の咬みあわせが変わっていくがどうかを確認してから下顎の第1小臼歯を抜歯するかどうかの判断をいたします
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談