久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【成人矯正症例 治療中】八重歯と叢生の治療例/女性T.M様(常滑市あすか台在住)の報告・その5

【成人矯正症例 治療中】八重歯と叢生の治療例/女性T.M様(常滑市あすか台在住)の報告・その5

歯ならび、不正咬合で、お悩みの方へ 常滑市・知多市の歯科、矯正歯科の久野歯科医院です。

了解をいただきました、主に常滑市・知多市のご在住の患者様の矯正歯科の治療経過を通して処置方針、治療期間、治療費用などをお知らせいたします。
 
どのように治療が進んでいくのか治療経過の写真を提示して説明してまいります。
 

常滑市あすか台在住 女性T.M様 八重歯と叢生の治療報告その5 抜歯症例

朋美その5.JPG
治療経過の報告
 
レベリングをすすめて今回上下顎に断面の4角の0.16×0.16レクタンギュラーニッケルチタンワイヤーから0.16×0.16レクタンギュラーステンレススチールワイヤーへ交換しステップアップしました。
 
上顎のワイヤーはほぼ直線になってきて歪みが取れてきています。
 
下顎のワイヤーの前歯部の歪みが取れてきています。
 
次の治療の段階であるキャナインレトラクション(犬歯の後方への移動)に移ります。
 
犬歯の後方への移動は正しい上下の犬歯関係の確立をめざして行なわれます。
 
上下の犬歯の位置的関係を確認しながキャナインリトラクションをおこなっていきます。
 
そのために下顎のワイヤーの脇の前歯(側切歯)と犬歯の間にフックをつけました。
 
使用材料について
 
上下の使用ワイヤーは上下顎ともトミー社0.16×0.16レクタンギュラーナブライトアキューアーチを使用しました。
 
フックにはTPオルソドンティクジャパンのクリンパブルフックを使用しています。
 
朋美キャナイン開始.png
 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談