久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【成人矯正症例 部分矯正】上顎右側中切歯の突出を部分矯正で治療する

【成人矯正症例 部分矯正】上顎右側中切歯の突出を部分矯正で治療する

納得感重視の矯正歯科治療なら 久野歯科医院

部分矯正(成人・前歯)について

成人矯正歯科治療では歯の癒着や歯の破折、歯髄の壊死、歯根の吸収、歯肉の退縮などの注意しなければいけません。

それに加えて部分矯正では1歯を正しい位置に移動させるために固定源の確保をどのようにするか、固定源の確保のためには装置を装着する範囲どこまでにするか、本格矯正に比べて規制が多く、治療の自由度が低いことなどを考慮して治療しなければなりません。

部分矯正はある意味では本格矯正の流れから外れた治療法でもあるといえるのです。

 

患者様の概要

部分矯正前歯術後.JPG

患者様は40歳代女性で、以前に当院で矯正歯科治療をされた方のご紹介で上顎右側中切歯の突出の治療をご希望になり来院されました。

お口の中には修復物が多くみられましたが幸いなことに歯周病は軽度で歯槽骨の水平吸収は若干ありますが、深い歯周ポケットは存在せず、すぐに矯正歯科治療を開始しました。

「この1本出ている前歯を治したい」と表現するのは簡単なのですが、実際の治療に際しては中切歯を歯列弓内に取り込むスペースがなく、スペース確保のために抜歯を行う部分矯正の中でも難しい部類のものと判断しています

抜歯部位の選定にも十分な検討が必要です。

幸いなことに抜歯の候補で対象となった歯は部位が上顎の右側第1小臼歯で歯髄処置(神経が取ってある)がなされ、被せ物がしてありました。

この第1小臼歯が健全であった場合はまた抜歯の部位の変更や、治療期間の延長、治療装置の変更などで頭を悩ましたと思います。

 

処置方針と治療経過

部分矯正前歯術中.JPG

上顎右側第1小臼歯を抜歯して得られたスペースを利用して突出した右側中切歯を歯列弓内に取り込むように治療していきます。

1歯、正しい位置に移動させるだけでも範囲のひろい多くの装置を必要とする場合があり、当初の治療計画では範囲の狭い治療用装置から始まっても最終的には固定源の確保のために全顎に近い装置が装着される場合もありました。

今回は今までの経験と処置方針より最初から反対側の左側の犬歯まで装置を装着して治療しました。

セラミックブラケットと審美ワイヤーを使用しています

 

治療後

部分矯正前歯術後 (2).JPG

ほぼ計画通り治療ができました。前歯の移動後、犬歯と小臼歯の間に少しスペースが残り小臼歯の金属の詰め物をレジン修復に変えてスペースを閉じました。

部分矯正ではこのように補綴処置や接着技法を併用し治療期間の短縮を図ることもあります。

部分矯正では固定源の確保に悩まされることが多いのですが今後はインプラントを利用したアンカースクリューを応用する場面もあると思います。

しかしアンカースクリューを施すためにはインプラントの装着など費用がかかります

治療費用:35万円 治療期間:1年

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談