久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【お口のケア豆知識】むし歯、歯周病はうつります

【お口のケア豆知識】むし歯、歯周病はうつります

常滑・知多市の歯医者 久野歯科医院です

皆様に役に立つ歯科の情報をわかりやすくお知らせします

お子様をお持ちのお父様・お母様、保護者の方へ

仲良し親子.jpg

むし歯、歯周病は感染症

むし歯、歯周病はうつり(感染)ます

むし歯の原因菌はむし歯菌(ミュータンス菌)です。歯周病の原因菌は歯周病菌でレッドコンプレックスと言われているものが代表的です。

レッドコンプレックスについては当コラムの「歯周病とは」 「お口の中の細菌について」をご覧ください。

 

むし歯菌、歯周病菌の感染経路

それではむし歯菌や歯周病菌はどこから来るのでしょうか?

様々な研究からむし歯菌は母親をはじめとする家族からうつる(垂直感染)ことがわかっています。

歯周病菌は夫婦などに同一株などが、みられ夫婦間での水平感染が示唆されます。

むし歯菌、歯周病菌は何らかの形で家族への感染が認められます。

 

むし歯菌の感染を断つためには

歯が生えていない乳児にはミュータンス菌群は見当たりません。

生後19ヶ月から31ヶ月(平均で26ヶ月)にミュータンス菌への感染が集中していてこの時期は乳臼歯が生えだし、生えそろうまでの時期にあたっており、この時期に乳児を含めた家族の口腔ケアに注意することが乳児のむし歯にかかるリスク(う蝕感染リスク)を少なくさせることが研究により報告されています。

むし歯を我が子にうつさせないために、親子のコミュニケーションをとがめることは子供の成長に影響を与える可能性もあり、できるだけ避けたいものです。

しかし、むし歯はうつることを知らずに奥歯が生えてからも食べ物をかみ与えることを続けていれば、我が子にむし歯ができる可能性が非常に高くなります。

お母様、お父様をはじめとするご家族に正しい、う蝕感染の知識を持ってもらい、接触を避けるのではなく自分自身のお口の中を清潔に保つことを心掛けていただきたいと思います。

 

歯周病菌の感染を断つためには

思案中.jpg

歯周病菌は親子間のみならず夫婦間でも移る可能性があり成人してからもうつります

2歳から12歳までの子供の歯肉の状態、プラークを調べたところ全体の8割に歯肉炎が見られ、歯周病菌の種類も多く検出されたとの報告があります。

歯周病菌を多く保有している親の子供は同じ種類の歯周病菌を保有している率が高く、歯周病菌でお口の中の環境の悪い母親の子供には歯周病菌の検出率が高いことも報告されています。

スプーン、箸などが別にしたり、とりわけの道具を別にしたりお口の中に入る道具には配慮が必要です。

牛のユッケが感染源の腸管出血性大腸菌の食中毒の例ではユッケを注文せずとも箸からの感染の例もございます。

むし歯菌や歯周病菌には強い毒性、感染性はございませんが、毎日の習慣には継続性があり直接的、間接的に感染が起こります。

自分自身のお口の中を清潔に保つことがお子様のお口の健康につながる事をご理解ください

 

 

 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談