久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【正中離開の治療】正中過剰歯の抜歯による治療と部分矯正歯科治療で正中離開を治す

【正中離開の治療】正中過剰歯の抜歯による治療と部分矯正歯科治療で正中離開を治す

常滑・知多市の歯科、矯正歯科   久野歯科医院です

皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします

正中離開の治療・その9

正中過剰歯の抜歯による治療と部分矯正歯科治療

正中離開の原因に余分な歯の存在(正中過剰歯)があります。

この場合も正中離開の原因である正中過剰歯を抜歯して原因を取り除いてから矯正歯科治療を行います

患者様の概要

ほしの術前正面.JPG

患者様は小学4年男児です

余分な歯があり、なかなか抜けなくて歯ならびの治療を希望してお母様とお父様とともに来院されました

混合歯列期の矯正歯科治療はこの常滑・知多市の久野歯科医院のホームページで何度かほかのページでもご紹介、お伝えしているように混合歯列期で治療する大切な事柄は骨格、機能、悪習癖の除去にあります。

処置方針

悪習癖はなく、機能に問題の無いことを確認して正中過剰歯を抜いた後、中切歯、乳歯の乳犬歯、乳臼歯にブレース(ブラケット)をつけてワイヤーでの部分矯正を計画しました。

一般的にブレース(ブラケット)は永久歯につけますが今回は乳歯の骨植もよく、十分に利用可能と判断しました。

お口の中には乳歯が混在していて、軽い歯肉炎が前歯にみられます。

矯正歯科治療と並行してブラッシングなどのセルフケアの話と毎回のプロフェッショナルケアを行いました。

歯にむし歯はありません

ほしの術前上.JPG

治療の経過

治療の実際は上顎右側中切歯と左側中切歯の間に過剰歯があり、本当は過剰歯の位置に左側の中切歯がなければいけません。

治療前の左側中切歯の裏側にはわきの前歯(左側側切歯)が隠れて生えています。

過剰歯を抜いてそのスペースに左側中切歯を移動させます。

右側中切歯はあまり移動させずに左側中切歯のみ真ん中へ移動させます。

咬み合わせも反対咬合ぎみなので前方への上顎歯列弓の拡大も図ります。

治療後

ほしの術後正面.JPG

正中部への左側中切歯の移動がほぼ完了したときには歯肉炎の腫れも改善されています。

ブレース(ブラケット)、ワイヤーはお口の中の環境を悪くし、むし歯や歯肉炎を起こす要因になりますので早めに外しました

今後乳犬歯が永久犬歯に交換するころには真ん中の隙間は完全に閉鎖されることが予想され、期待できます。

治療期間1年

治療費用20万円

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談