久野歯科医院 電話でのご予約 MENU

常滑の矯正歯科 久野歯科医院 ≫ 院長Blog ≫ 【成人矯正症例 部分矯正】部分矯正で前歯(1歯)の反対咬合を治療する

【成人矯正症例 部分矯正】部分矯正で前歯(1歯)の反対咬合を治療する

矯正治療の相談もお受けします 久野歯科医院です 

皆様に役に立つ矯正歯科の情報をわかりやすくお知らせします

部分矯正・成人、前歯の1歯の反対咬合・その1

大人の歯にすべて生え変わった永久歯列では前歯部で1歯のみの反対咬合が比較的多く見つかります。

奥歯の1歯の不正咬合と同じように歯ブラシの毛先が届かず、その部位だけに着色があったり、歯垢の付着を認めたりします。

不正咬合があることでお口の中の環境が悪化して歯肉炎から歯周炎に進行していきます。不正咬合は大きなプラークリテンションファクターです。

部分的に1歯の反対咬合を治療することで、お口の中の環境は大きく変わり、むし歯になる可能性も低くなります。

患者様の概要

ほし術前正面.JPG

患者様は16歳男性上顎の中切歯の反対咬合を気にして、お母様と来院されました。

むし歯と歯周病の基本検査を行ってむし歯はなく、反対咬合の周辺の歯肉に軽い炎症がありました。

1歯の反対咬合のでブラッシングがうまくできないことが歯肉炎の原因であると判断しました。

口腔内写真、側貌・正貌の顔写真、レントゲン写真を撮影して埋伏歯の有無などを確認し研究用模型用の型どりを行いました。

処置方針と治療経過

診断の結果、反対咬合を改善できるスペースは確保できていて、骨格的には問題なく悪習癖もないため、犬歯から犬歯までの6前歯にクリアブラケットをつけてワイヤーによる部分矯正を行いました。

弾性のあるニッケルチタンの0.14インチのラウンドワイヤーより順次、治療をすすめ0.16×0.16の角線のステンレススチールワイヤーで動的治療を完了させました。

治療後

ほし術後正面.JPG

動的治療後では上顎左側中切歯部の歯肉の赤みも消えて炎症は治りつつあります。

ブラッシングによるオーラルセルフケアが簡単にできるようになり将来的にも虫歯や歯周病になりにくいお口の中の環境が整います。

固定式装置を使用しての矯正歯科治療のデメリット

ワイヤーとブラケット(ブレース)を使用する矯正歯科治療は本格矯正だけでなく部分矯正においても治療中にお口の中を清潔に保つことが難しくなります。

治療中は特にお口の中の環境が悪化しないように注意が必要です。

治療期間10か月

治療費用は20万円

 

0569-43-1124
メール無料相談はこちら

ページ
最上部へ
TOP
PAGE
無料
メール
相談